試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044064068

知っておきたい日本の神話

  • 著者 瓜生 中
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044064068

日本人の心のふるさと、神話の世界をこの一

「アマテラスの岩戸隠れ」「因幡の白兎」「スサノオのオロチ退治」――。日本人なら誰でも知っている神話を、天地創造神話・古代天皇に関する神話・神社創祀などに分類。神話の世界が現代語訳ですっきりわかる。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「知っておきたい日本の神話」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 改めて、こんなに古事記がファンタジーだとは思わなかった。頑固者の祖父が今のドラマやアニメは荒唐無稽で気に入らないと言っていたが、日本人は古代から荒唐無稽さを孕んだ物語を語らずにはいられないんだと祖父に 改めて、こんなに古事記がファンタジーだとは思わなかった。頑固者の祖父が今のドラマやアニメは荒唐無稽で気に入らないと言っていたが、日本人は古代から荒唐無稽さを孕んだ物語を語らずにはいられないんだと祖父に言いたい。また喧嘩になりそうだから言わないけど。つまりそんな勢いで読む。突拍子もない物語から本質とメッセージを取り出すのは受け手だと思う。天武天皇の勅命で描かれた記紀は政治的な思惑が強い。朝廷の系譜が皇祖神であると強く位置づけたかったのは次の天皇、我が妻、持統天皇を守りたかった愛ゆえだと私は思う。面白かった。 …続きを読む
    紅香
    2019年07月27日
    31人がナイス!しています
  • 長男に贈る前に一読・・・。神話の流れも、現代人にわかりやすく解説。かつ神事、しきたりの補足も充実。都市名の謂れも興味深い。特に、木更津は心に残る。夫婦愛。神話は、いつ読んでも日本人としてのルーツ、存在 長男に贈る前に一読・・・。神話の流れも、現代人にわかりやすく解説。かつ神事、しきたりの補足も充実。都市名の謂れも興味深い。特に、木更津は心に残る。夫婦愛。神話は、いつ読んでも日本人としてのルーツ、存在意義・理由を感じる。神話に込められた戒めの再認識にも役立つ。中高生にも十分理解しやすい。子供視点でいうと、系図が付いていると神様の名前と位置づけがわかりやすい気がする。(求めすぎかな・・・。) …続きを読む
    thayami
    2013年01月19日
    27人がナイス!しています
  • 初読。主に古事記や日本書紀の記述から、日本創成と天皇出自、神社の由来などの日本神話を順を追って無理なく解説する。御朱印集めを旅行中の趣味とする身としては、この手の雑学本は大好物。ただ日本神話のお約束と 初読。主に古事記や日本書紀の記述から、日本創成と天皇出自、神社の由来などの日本神話を順を追って無理なく解説する。御朱印集めを旅行中の趣味とする身としては、この手の雑学本は大好物。ただ日本神話のお約束として、古い神や地名の漢字は万葉仮名的当て字が盛りだくさんなので、読みづらい上に覚えづらい。似た名も多く一読で把握は困難。巻末に字引が欲しい。他の神話解説本に比べ、地名の由来に関するこぼれ話が多く、意外な土地の歴史がわかりためになった。一読で忘れるには惜しいので再読必至。 …続きを読む
    クナコ@ベアトリクス・ポター満喫中
    2020年06月24日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品