ちゃれんじ?

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784043718054

ちゃれんじ?

  • 著者 東野 圭吾
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784043718054

直木賞作家のスノーボード奮戦記

自らを「おっさんスノーボーダー」と称して、奮闘、転倒、歓喜など、その珍道中を自虐的に綴った爆笑エッセイ集。書き下ろし短編「おっさんスノーボーダー殺人事件」も収録。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ちゃれんじ?」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★☆☆ 東野圭吾さんのエッセイの中でも一番お気に入り。 最後の殺人事件はまぁギャグという事で… 東野さんがとてもスノボ好きだということがこちらにも伝わってきた。 同じ雪山好きとして親近感 ★★★☆☆ 東野圭吾さんのエッセイの中でも一番お気に入り。 最後の殺人事件はまぁギャグという事で… 東野さんがとてもスノボ好きだということがこちらにも伝わってきた。 同じ雪山好きとして親近感湧きます(笑) …続きを読む
    まつ子
    2019年03月30日
    81人がナイス!しています
  • 御年44歳(当時)の東野氏のスノーボードチャレンジがなかなかに、いやかなり面白い。また本書ではスノーボード以外にもゴルフに関する考察やカーリング体験記、更には自身の著書である『レイクサイド』が映画化さ 御年44歳(当時)の東野氏のスノーボードチャレンジがなかなかに、いやかなり面白い。また本書ではスノーボード以外にもゴルフに関する考察やカーリング体験記、更には自身の著書である『レイクサイド』が映画化された時の撮影現場見学についても語られる。映画撮影現場を訪れる東野氏の初々しいこと。引手数多の東野作品の映像化の現在を考えると隔世の感があるのだけれど。そしてこの頃ウィンタースポーツ仲間だった二階堂黎人氏とこの後『容疑者Xの献身』で論争を繰り広げることになろうとは、なかなかに考えさせられるのであった。 …続きを読む
    Tetchy
    2013年12月01日
    70人がナイス!しています
  • 東野さんがおっさんになって始めたスノーボードについてのエッセイ。今から10年以上前のエッセイなんだけど、東野さんは本当にスノボーが好きなんだなぁ~とひしひし伝わる。「スノーボードは面白いだけでなく、私 東野さんがおっさんになって始めたスノーボードについてのエッセイ。今から10年以上前のエッセイなんだけど、東野さんは本当にスノボーが好きなんだなぁ~とひしひし伝わる。「スノーボードは面白いだけでなく、私を夢中にさせてるのは、上達、ということだと思う」「40代後半ともなれば何か新しいことを始めて、習って、そして上達する、という機会が極端に減ってしまう。だから『昨日は出来なかったことが今日は出来た』と思えるのが嬉しくて仕方がないのだ」という言葉に納得。私もこれから上達して喜びを得られる何かに出会えたらいいな。 …続きを読む
    りゅう☆
    2014年09月16日
    56人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

東野 圭吾(ひがしの・けいご)

1958年、大阪府生まれ。85年、『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞を受賞。12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、13年『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞、14年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞。その他の著書に『殺人の門』『探偵倶楽部』『さまよう刃』『夜明けの街で』『虚ろな十字架』『マスカレード・ホテル』『マスカレード・イブ』など多数。海外においても『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が中国国内でベストセラー50万部を突破するなど、アジア圏を中心に支持を受け、韓国では国内作家を抑えて<2014ゴールデンブックアワード>に選出された。

最近チェックした商品