前巷説百物語

晴らせぬ恨みを請負い、裏の渡世人たちが仕込む驚愕の仕掛けとからくり!!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年04月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
736
ISBN:
9784048737692

前巷説百物語

晴らせぬ恨みを請負い、裏の渡世人たちが仕込む驚愕の仕掛けとからくり!!

  • 著者 京極 夏彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年04月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
736
ISBN:
9784048737692

晴らせぬ恨みを請負い、裏の渡世人たちが仕込む驚愕の仕掛けとからくり!!

直木賞受賞作「後巷説百物語」へ続く、若き又市たちの活躍を描く。大胆な仕掛けで恨みを晴らす又市たちの出会いが語られる。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「前巷説百物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 巷説シリーズの原点的作品と言えるでしょう。江戸時代を舞台に、若い又市さんが活躍します。まだ青さがあるせいか、失敗や反省することが多いのが微笑ましいけれど重く感じます。拙さが見られるだけに、他の作品の又 巷説シリーズの原点的作品と言えるでしょう。江戸時代を舞台に、若い又市さんが活躍します。まだ青さがあるせいか、失敗や反省することが多いのが微笑ましいけれど重く感じます。拙さが見られるだけに、他の作品の又市さんが成長したなと思えるのかもしれません。義理と人情で果敢に事件を解決しようとする姿が恰好良いです。歯がゆさもありつつ、魅力のある又市さんを堪能できました。 …続きを読む
    優希
    2017年07月18日
    93人がナイス!しています
  • 又市が御行になるきっかけを描いた作品。まだ、上手く、立ち回れずに人の死に対しても蟠りを感じる若き日の又市の青さが素敵です。「旧鼠」での又市と共に仕事を請け負い、日々を過ごした者達の死は心にしんしんと染 又市が御行になるきっかけを描いた作品。まだ、上手く、立ち回れずに人の死に対しても蟠りを感じる若き日の又市の青さが素敵です。「旧鼠」での又市と共に仕事を請け負い、日々を過ごした者達の死は心にしんしんと染み入るほど悲しかったです。又市はこの出来事から周りを丸く、治める仕掛けを責任もって施す覚悟に胸を打たれました。 …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2010年11月02日
    32人がナイス!しています
  • 再読。エピソード0ということもあり仕掛けは悉く拙く又市も失敗と反省ばかりなのでシリーズの中でも特に重い。初読の際はその重さに引きずられ良い印象は薄かったが、少し余裕を持って見れた再読は、又市のヨチヨチ 再読。エピソード0ということもあり仕掛けは悉く拙く又市も失敗と反省ばかりなのでシリーズの中でも特に重い。初読の際はその重さに引きずられ良い印象は薄かったが、少し余裕を持って見れた再読は、又市のヨチヨチ歩きのような成長を微笑ましく感じれた。謎の親心w 市原隼人 …続きを読む
    たかゆき
    2016年11月26日
    31人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

京極 夏彦(きょうごく・なつひこ)

1963年、北海道生まれ。小説家、意匠家、全日本妖怪推進委員会肝煎。94年、『姑獲鳥の夏』でデビュー。96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、04年『後巷説百物語』で直木賞、11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。著書多数。

最近チェックした商品