試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041323397

仇討ち

  • 著者 池波 正太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041323397

仇討ち制度に翻弄される人間たちの皮肉な運命

夏目半介は四十八歳になっていた。父の仇笠原孫七郎を追って三十年。今は娼家のお君に溺れる日々……仇討ちの非人間性とそれに翻弄される人間の運命を鮮やかに浮き彫りにする。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「仇討ち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白い 面白い
    ぺしみち
    2015年03月03日
    3人がナイス!しています
  • #114★★★☆☆当然のように面白く読んだのだが、やはり短篇集は物足りなさが残るなぁ。 #114★★★☆☆当然のように面白く読んだのだが、やはり短篇集は物足りなさが残るなぁ。
    犀門
    2010年10月19日
    2人がナイス!しています
  • 一つの藩が国家であった江戸時代のしきたりである仇討を描いた短編集。国許を離れて敵をさがす苦しさ、追われるもののおびえ、いずれもが苦しい生き方となる。みごと討ち捕れば錦を飾れるが、そうでなければ一生を棒 一つの藩が国家であった江戸時代のしきたりである仇討を描いた短編集。国許を離れて敵をさがす苦しさ、追われるもののおびえ、いずれもが苦しい生き方となる。みごと討ち捕れば錦を飾れるが、そうでなければ一生を棒にふることにもなる。現代人からみれば、敵をおわず、武士を捨てていく生き方もありだと思える。 …続きを読む
    pepe
    2015年06月21日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品