三面記事の男と女

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041227602

三面記事の男と女

  • 著者 松本 清張
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041227602

倫理観と性欲の間で揺れる昭和30年代の情痴事件、傑作短編集。

昭和30年代短編集(2)。高度成長直前の時代の熱は、地道な庶民の気持ちをも変え、三面記事の紙面を賑わす事件を引き起こす。「たづたづし」「危険な斜面」「記念に」「不在宴会」「密宗律仙教」の計5編。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「三面記事の男と女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館本。松本清張の本はすべて読んだと思っていたが、調べてみるとこれは読んだ記憶がないので借りてみた。短編集だった。松本は推理小説であって文学になり得るものを求めていた。『球形の荒野』や『砂の器』など 図書館本。松本清張の本はすべて読んだと思っていたが、調べてみるとこれは読んだ記憶がないので借りてみた。短編集だった。松本は推理小説であって文学になり得るものを求めていた。『球形の荒野』や『砂の器』などは立派な文学だと思うが、この短編集の短編には文学と感じられる要素が感じられない。すらすらと読んだ。『西郷札』『或る「小倉日記」伝』のような文学的なものを期待したけど、推理小説としてさえ新鮮味の感じられない短編ばかりだった。ただ「密宗律仙教」だけは面白かった。新興宗教とはおよそこんなものなのだろう。 …続きを読む
    AICHAN
    2018年07月04日
    34人がナイス!しています
  • ★★☆☆☆ あっさりめな作品が五編。痴情のもつれみたいな、まさに三面記事に載ってそうな出来事を描いたものが収められている。昭和三十年代に書かれた作品を収めているということもあり、現代にはない独特の昭和 ★★☆☆☆ あっさりめな作品が五編。痴情のもつれみたいな、まさに三面記事に載ってそうな出来事を描いたものが収められている。昭和三十年代に書かれた作品を収めているということもあり、現代にはない独特の昭和の雰囲気も感じられる。男の女の情みたいなものの描き方にリアルがあるのは、やはり松本清張ならではだろう。一見何でもないような出来事をしっかり読ませる作品に仕上げてしまう。最後の作品はオウム事件を予見した~、みたいなことが作品紹介に書かれていたが、個人的には加持祈祷事件を思い出した。 …続きを読む
    そうたそ@吉
    2017年11月24日
    31人がナイス!しています
  • 新聞の片隅に載っている、小さな三面記事…。数行から輪郭を持ち始める犯罪事件簿。元新聞記者が書くサスペンスは、やはりすごかった。おおよそ現代では成立できない解決方法に驚いたが、犯罪を犯す人間の心情は…昔 新聞の片隅に載っている、小さな三面記事…。数行から輪郭を持ち始める犯罪事件簿。元新聞記者が書くサスペンスは、やはりすごかった。おおよそ現代では成立できない解決方法に驚いたが、犯罪を犯す人間の心情は…昔と今も…そう代わらないのかもしれない。「記念に」が個人的に印象深い。ここで止めておけば…のリミッターが外れる瞬間。理性でせき止めていた情が溢れ出す瞬間。その「瞬間」が…怖くて怖くて目をそらしたかったが、途中でやめることができないくらい引き込まれていた…。 …続きを読む
    ひなきち
    2018年07月25日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品