水木しげるのニッポン幸福哀歌

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041929124

水木しげるのニッポン幸福哀歌

  • 著者 水木 しげる
  • イラスト 水木 しげる
  • デザイン 田島 司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041929124

珍しい水木しげる民話を再編集! キミの知らない水木まんがかココに!

水木しげるの「幸福」にまつわる20の物語を描いた、珠玉の短編漫画集。昭和42年に刊行されて以降、誰も見たこともない作品を多数収録。コレクターにとっても目が離せない貴重な短編の数々が一堂に!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「水木しげるのニッポン幸福哀歌」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • これぞペーソスという短編集で、著者が好き放題やっている。「猫の町」では「元気のいい若者は都会に出て、老人と無能な青年が残った事が猫の繁殖に幸いした」なんて書いている。主人公は貧乏人で、猫にされたり、妖 これぞペーソスという短編集で、著者が好き放題やっている。「猫の町」では「元気のいい若者は都会に出て、老人と無能な青年が残った事が猫の繁殖に幸いした」なんて書いている。主人公は貧乏人で、猫にされたり、妖怪に取り憑かれながら、涙ぐましく滑稽に頑張る。それでもせこい人生から解き放たれて楽しそうだ。科学文明は欲望を刺激するばかりで何の解決にもならないと妖怪が糾弾する。神様がせっかく理想郷を作っても皆すぐに飽きてしまう。1970年頃の作品群だが、一周回って今の世の中にぴったりな感じが面白い。 …続きを読む
    ホークス
    2017年08月13日
    20人がナイス!しています
  • まだまだ南方のニヒリズムが抜けてませんがペーソスが聞いていて面白い。何というかニヒリズムと希望の混ざり方が絶妙のなのだ。水木しげるエッセイから入った人は真っ先に読んでほしい作品 まだまだ南方のニヒリズムが抜けてませんがペーソスが聞いていて面白い。何というかニヒリズムと希望の混ざり方が絶妙のなのだ。水木しげるエッセイから入った人は真っ先に読んでほしい作品
    フロム
    2017年09月18日
    10人がナイス!しています
  • 幸福をテーマにした短篇集。その多くが貧乏な小市民が幸福をつかもうとして、幽霊や妖怪の手を借りようとするが、結局だめだった、というお話。自分が今まで読んだ水木しげる作品の中で特にシニカルで社会的だ。水木 幸福をテーマにした短篇集。その多くが貧乏な小市民が幸福をつかもうとして、幽霊や妖怪の手を借りようとするが、結局だめだった、というお話。自分が今まで読んだ水木しげる作品の中で特にシニカルで社会的だ。水木先生の人生や世の中に対する達観した心持ちがうかがえる。それでいてやはり水木先生のユーモアセンスが光る。  …続きを読む
    ビシャカナ
    2014年10月13日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品