新世界

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043829019

新世界

  • 著者 柳 広司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043829019

『トーキョー・プリズン』の気鋭が放つ、超弩級エンタテインメント!

第二次大戦が終わった夜、原爆が生まれた砂漠の町で一人の男が殺され、混沌は始まった。原爆の父・オッペンハイマーの遺稿の中で、世界は捻れ悲鳴を上げる。人間の原罪を問う、至高のエンタテインメント。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「新世界」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • サイエンス:ホラー:サスペンス:ミステリー=1:3:5:1といった感じでした。しかし「黙示録」の項には当方の方が“もうやめてくれ!”と言いそうになりました。重かったです・・・。 サイエンス:ホラー:サスペンス:ミステリー=1:3:5:1といった感じでした。しかし「黙示録」の項には当方の方が“もうやめてくれ!”と言いそうになりました。重かったです・・・。
    ehirano1
    2016年10月10日
    71人がナイス!しています
  • 本作はあくまでミステリではありますが、原爆をテーマに扱っていることもあってか、犯人捜しやトリックというミステリでいえば「本筋」にあたる内容よりも、原爆投下に至る、または原爆投下後の科学者たちの心の在り 本作はあくまでミステリではありますが、原爆をテーマに扱っていることもあってか、犯人捜しやトリックというミステリでいえば「本筋」にあたる内容よりも、原爆投下に至る、または原爆投下後の科学者たちの心の在り方の描写の方に、私は惹きつけられました。ジョーカーシリーズといい、柳さんの作品はシチュエーションが物語の枠組みだけでなく、テーマに深く関わってくるように思いました。こうの史代さんの『夕凪の街 桜の国』『この世界の片隅に』などの作品と合わせて読むと、テーマについてより深く考えられるのではないかな。 …続きを読む
    MURAMASA
    2010年12月19日
    61人がナイス!しています
  • 再読。本書はミステリ小説であるとのことですが、「科学者の妻」~「影との対話」が印象に残る項となったため、ミステリというよりも「狂気の科学者達の回想録(サブタイトルは”彼らの新世界とは?”)」として受け 再読。本書はミステリ小説であるとのことですが、「科学者の妻」~「影との対話」が印象に残る項となったため、ミステリというよりも「狂気の科学者達の回想録(サブタイトルは”彼らの新世界とは?”)」として受け止めています。 …続きを読む
    ehirano1
    2016年11月12日
    45人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品