闘う皇族 ある宮家の三代

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年10月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784047033801

闘う皇族 ある宮家の三代

  • 著者 浅見 雅男
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年10月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784047033801

戦後消滅した十一の「宮家」。彼ら「皇族」とはいかなる存在だったのか?

昭和天皇の良子皇后ご実家として知られる「久邇宮家」は、戦後、他の宮家と共に皇籍離脱し姿を消した。朝彦親王に始まる久邇宮家の個性的な三代の当主に光をあて、戦前、「皇族」とはいかなる存在だったのかに迫る。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「闘う皇族 ある宮家の三代」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 歴史上、こんなヤツがいなければよかったのに、と思える人物はたくさんおります。日本の皇族でも、何人かいます。久邇宮家の三人は、そのリストに加わる立派な資格があるようです。ところがまことに残念ながら、昭和 歴史上、こんなヤツがいなければよかったのに、と思える人物はたくさんおります。日本の皇族でも、何人かいます。久邇宮家の三人は、そのリストに加わる立派な資格があるようです。ところがまことに残念ながら、昭和天皇の半生を支えた良子さま、のちの香淳皇后は、この家系の人なのです。ヤレヤレ。むろん、また新たな事実とそれを元にした解釈が現れて、この悪評が覆れば、それはそれでいいのですけれどね。ぼくは、こういう歴史の新解釈は、好きです。 …続きを読む
    鐵太郎
    2006年05月05日
    0人がナイス!しています
  • 昭和天皇の后、今上天皇の母である香淳皇后の実家、久邇宮家三代について書かれた本。第九章には納得いかないことが多かった。それ以外はあとがきを含めて面白かった。貞明皇后と香淳皇后との仲があまりうまくいって 昭和天皇の后、今上天皇の母である香淳皇后の実家、久邇宮家三代について書かれた本。第九章には納得いかないことが多かった。それ以外はあとがきを含めて面白かった。貞明皇后と香淳皇后との仲があまりうまくいってなかった理由がわかった気がする。 …続きを読む
    そーだ
    2012年10月24日
    0人がナイス!しています
  • 香淳皇后の実家のことが書いてある。 香淳皇后の実家のことが書いてある。
    えみ
    2012年01月03日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品