試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784043944897

皇族誕生

  • 著者 浅見 雅男
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784043944897

彼らはなぜ「皇族」になったのか? 皇族制度誕生から消滅前夜までを辿る!

江戸時代、4つしかなかった「宮家」は、明治以降増加の一途をたどる。五百年以上さかのぼらなければ天皇とつながらない人々は、いかにして「宮家」を立てていったのか。近世の皇族制度誕生を追う。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「皇族誕生」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 王政復古以後の「皇族」というものの歴史的な変遷を豊富な資料を紐解き解説していて興味深い。皇位継承を安定させるための一定数の皇族を確保する必要があった一方で、尊厳を保ち、費用の問題もあり皇族を一定数に抑 王政復古以後の「皇族」というものの歴史的な変遷を豊富な資料を紐解き解説していて興味深い。皇位継承を安定させるための一定数の皇族を確保する必要があった一方で、尊厳を保ち、費用の問題もあり皇族を一定数に抑える必要があり、天皇、皇族、政治家、官僚がせめぎ合いを繰り広げる…。そんな歴史的な経緯も踏まえると、現代の皇位継承問題についても理解できます。 …続きを読む
    ツバメマン
    2018年09月29日
    24人がナイス!しています
  • 江戸時代は4家しかなかったのに明治維新で数を増やした皇族という存在の知られざる一面に迫った本。 軍人になることが義務づけられていたので、敗戦後に巣鴨に入れられた皇族もいた。 江戸時代は4家しかなかったのに明治維新で数を増やした皇族という存在の知られざる一面に迫った本。 軍人になることが義務づけられていたので、敗戦後に巣鴨に入れられた皇族もいた。
    塩豚葱串
    2019年06月08日
    1人がナイス!しています
  • 幕末から明治に一気に新しい宮家が増えたことや、様々な皇族のエピソードなど、知らなかったことが多く、興味深い内容でした。 幕末から明治に一気に新しい宮家が増えたことや、様々な皇族のエピソードなど、知らなかったことが多く、興味深い内容でした。
    shellgai
    2015年02月16日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品