法月綸太郎の本格ミステリ・アンソロジー

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784043803019

法月綸太郎の本格ミステリ・アンソロジー

  • 著者 法月 綸太郎
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784043803019

古今東西のよりすぐりミステリを収録!

小泉八雲の「はかりごと」からエラリー・クイーンの幻のラジオドラマの台本「ニック・ザ・ナイフ」まで古今東西の珠玉のミステリを集めたアンソロジー。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「法月綸太郎の本格ミステリ・アンソロジー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 海外ものの比率が高く読み辛い作品もあった中、エラリー・クイーンのラジオドラマ『ニック・ザ・ナイフ』は非常に面白かった。子供の頃に読んだ推理クイズのようでマニアには物足りない内容だと思うが、自分にはこの 海外ものの比率が高く読み辛い作品もあった中、エラリー・クイーンのラジオドラマ『ニック・ザ・ナイフ』は非常に面白かった。子供の頃に読んだ推理クイズのようでマニアには物足りない内容だと思うが、自分にはこのくらいのレベルが合っている。実際まんまと引っ掛かったし(笑)中西智明氏の『ひとりじゃ死ねない』はラストでビックリの良作。『はかりごと』『偽患者の経歴』などは全然本格ミステリじゃないけど読み物として面白いのでニンマリできる。 …続きを読む
    あめしょ
    2015年08月30日
    35人がナイス!しています
  • 法月綸太郎氏こだわりの本格ミステリアンソロジー。エラリー・クイーンのラジオドラマ脚本、西村京太郎の本格短編、中西智明の犯人当てが印象的だった。小泉八雲のピリッと効いた短編もいい。ちょっとついていけない 法月綸太郎氏こだわりの本格ミステリアンソロジー。エラリー・クイーンのラジオドラマ脚本、西村京太郎の本格短編、中西智明の犯人当てが印象的だった。小泉八雲のピリッと効いた短編もいい。ちょっとついていけないものも含めて、アンソロジーは普段手に取らないような作品に触れられるのでありがたい。 …続きを読む
    Yuki
    2018年06月09日
    31人がナイス!しています
  • エドマンド・クリスピン&ジェフリー・ラッシュの「誰がベイカーを殺したか?」は、ミステリ読者に向いてるかどうかの試金石になるかも。笑って楽しめる人は根っからのミステリ好き、怒っちゃう人はミステリに不向き エドマンド・クリスピン&ジェフリー・ラッシュの「誰がベイカーを殺したか?」は、ミステリ読者に向いてるかどうかの試金石になるかも。笑って楽しめる人は根っからのミステリ好き、怒っちゃう人はミステリに不向き。中西智明の「一人じゃ死ねない」は傑作。この作品に出会えただけで、この本を読んでよかった。 …続きを読む
    紅はこべ
    2010年01月29日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品