白いへび眠る島

関連作品有り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784043736034

関連作品有り

白いへび眠る島

  • 著者 三浦 しをん
  • デザイン 角川書店ACデザインルーム
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784043736034

二人の少年が体験する、夏の冒険譚。三浦しをんの新たなる世界。

高校生の悟史が夏休みに帰省した拝島は、今も古い因習が残る。十三年ぶりの大祭でにぎわう島である噂が起こる。【あれ】が出たと……悟史は幼なじみの光市と噂の真相を探るが、やがて意外な展開に!

メディアミックス情報

NEWS

「白いへび眠る島」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 個人的に現在、脳内「沖縄」なので、勝手にあのあたりの設定で読んだ。二十一世紀とは思えない古い風習の残る島。そんな島で生まれ育ったふたりのうち、ひとりが本島の高校から帰省したところから物語は始まる。『神 個人的に現在、脳内「沖縄」なので、勝手にあのあたりの設定で読んだ。二十一世紀とは思えない古い風習の残る島。そんな島で生まれ育ったふたりのうち、ひとりが本島の高校から帰省したところから物語は始まる。『神去』のような僻地文学であり、しをんさんお得意のBL風味もあり、背中をゾワりと羽で撫でられるようなホラー要素もあり。しをんさんの原型の素がギュッと詰まったファンタジー。これにて軽トラ三部作を読了。 …続きを読む
    ミカママ
    2021年10月31日
    507人がナイス!しています
  • 本土の高校に通う悟史は、高校最後の夏に拝島(おがみじま)に久しぶりに帰省した。今でも因習の残る拝島では13年に1度の大祭を前に島民は盛り上がりを見せるが、怪物が出たという噂が広まり、悟史の幼なじみの光 本土の高校に通う悟史は、高校最後の夏に拝島(おがみじま)に久しぶりに帰省した。今でも因習の残る拝島では13年に1度の大祭を前に島民は盛り上がりを見せるが、怪物が出たという噂が広まり、悟史の幼なじみの光市と共に探り始める。島の自然と風習やお祭りの様子が肌で感じるほど生き生きと描かれており、実際に島に行きお祭りを楽しんできたかのように感じた。後半からファンタジー色が濃くなり、しをんさんには珍しい話の展開。「神去なあなあ日常」は山の話だが、これは島バージョンと言ったところで、ここでも軽トラが活躍する。(続く) …続きを読む
    SJW
    2018年07月14日
    259人がナイス!しています
  • 過疎化が進む「拝島」。夏休みに帰省した悟史は、13年ぶりに行なわれる大祭の日に色々な奇怪な現象に遭遇する。島の皆が恐れる怪物「あれ」に持念兄弟の光市と果敢に立ち向かうなど等。島の自然の美しさが際立って 過疎化が進む「拝島」。夏休みに帰省した悟史は、13年ぶりに行なわれる大祭の日に色々な奇怪な現象に遭遇する。島の皆が恐れる怪物「あれ」に持念兄弟の光市と果敢に立ち向かうなど等。島の自然の美しさが際立って描かれていた。今年の夏休みには、こんな島に行きたいと思った。「『あれ』っていったい何?」とか「『犬丸』の正体は?」と思いながら最終話で納得して読了。「ファンタジー」好きな方にはたまらない一冊かも。 …続きを読む
    Atsushi
    2017年06月15日
    213人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品