女たちは二度遊ぶ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年03月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784048736824

女たちは二度遊ぶ

  • 著者 吉田 修一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年03月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784048736824

甘く、時に苦く哀しい、美しい女たち、11人のショートストーリー

ルーズな女、がらっぱちな女、気前のいい女、よく泣く女、美人なのに、外見とはかけ離れた木造ボロアパートに住む女……。甘く、時に苦く哀しい、美しい女たち、11人のショートストーリー。気鋭による傑作短篇集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「女たちは二度遊ぶ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 個人的には作者さんの作品の中で1,2を争うぐらい好きな作品です(もちろんもう一作は『悪人』)。正直、スゴく印象に残る作品かといわれると、YESとは言えないのですが、この作品が醸し出すアンニュイな雰囲気 個人的には作者さんの作品の中で1,2を争うぐらい好きな作品です(もちろんもう一作は『悪人』)。正直、スゴく印象に残る作品かといわれると、YESとは言えないのですが、この作品が醸し出すアンニュイな雰囲気は他の作者、作品ではあまり味わえるコトのできない時間だったと思います。特に大きなドラマや展開が待ち受けているワケではありませんが、これだけ平凡な日常をベースにここまで書きあげてしまう作者さんに改めて敬意を表します。好みの作品が別れると思いますが、そこはそこであらゆる角度で楽しんでもらえるのではと思います。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2009年05月24日
    174人がナイス!しています
  • 吉田修一さんの短編集。様々な女性が11人登場します。好みはあると思うのですが、吉田修一さんの作品の物憂げな雰囲気が私は大好きです。村上春樹さんの初期の短編集を、もっと現実感を持たせた味わいと言えるだろ 吉田修一さんの短編集。様々な女性が11人登場します。好みはあると思うのですが、吉田修一さんの作品の物憂げな雰囲気が私は大好きです。村上春樹さんの初期の短編集を、もっと現実感を持たせた味わいと言えるだろうか。こんな女性は実在するかなと疑問に思いつつも、物語に引き込まれてラストで切ない気持ちにさせる。「悪人」や「犯罪小説集」のような人の持つ毒についての要素は薄いけれども、吉田修一さんの質感のある物憂げな雰囲気を充分に味わえる短編集。時間の空いた時に好きな短篇から読み進めたくなる。いつかまた再読するでしょう。 …続きを読む
    yoshida
    2018年03月13日
    162人がナイス!しています
  • 吉田修一さんの描く11人の女性。男性目線での女性達。短編、特に短かく女性を著している。読みやすく、サラッとしてるなかに、女性のしたたかさ、自由さ、いろんな顔を持っていることを。そして、それに翻弄される 吉田修一さんの描く11人の女性。男性目線での女性達。短編、特に短かく女性を著している。読みやすく、サラッとしてるなかに、女性のしたたかさ、自由さ、いろんな顔を持っていることを。そして、それに翻弄される、それを理解できない、試してしまう男性が、存在する。人生いろいろ!だから、面白い。でも、もう少し上手く回ったかも知れない。短いなかに、多くが、詰め込まれた作品群。数篇づつじっくり読むのに最適な一冊。良かった~。 …続きを読む
    にいにい
    2016年03月29日
    115人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

吉田 修一(よしだ・しゅういち)

1968年長崎市生まれ。97年「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞し作家デビュー。2002年『パレード』で第15回山本周五郎賞、同年『パーク・ライフ』で第127回芥川賞を受賞。07年『悪人』で第61回毎日出版文化賞と、第34回大佛次郎賞。10年『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞。著書に『女たちは二度遊ぶ』『怒り』『森は知っている』『橋をわたる』など多数。

最近チェックした商品