試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043912018

女たちは二度遊ぶ

  • 著者 吉田 修一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043912018

実力派が描く女の生態

何もしない女、だらしない女、気前のいい女、よく泣く女……人生の中で繰り返す、出会いと別れ。ときに苦く、哀しい現代の男女を実力派の著者がリアルに描く短編集。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「女たちは二度遊ぶ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • かつて「野生時代」に連載されていたもの。11の短篇から成るので、読者たち(大半は男だと思われる)は11ヶ月にわたって毎月違った女性とデートできる楽しみを味わったのだろう。しかも、結構自分達にも身近そう かつて「野生時代」に連載されていたもの。11の短篇から成るので、読者たち(大半は男だと思われる)は11ヶ月にわたって毎月違った女性とデートできる楽しみを味わったのだろう。しかも、結構自分達にも身近そうに思える女性たちばかりである。もっとも、実際には現実で遭遇することはないのだが。そこはまさに小説の力である。作者もそれを心得ていて、毎回シチュエーションも違うし、様々なタイプの女性を登場させている。しかも、いずれの女性も期間限定であり、やがて別れが待っていた。そこに一抹の寂しさを味わうこともまた小説の醍醐味。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2022年04月04日
    428人がナイス!しています
  • 人生の中で通り過ぎた11人の美しい女達を描く短編集。男って奴は勝手だけど昔を思い出すと懐かしくもほろ苦い二度と会えない美女達を想ってふっと愛おしくて堪らない気持ちになるのでしょうね。少し感傷的ですが、 人生の中で通り過ぎた11人の美しい女達を描く短編集。男って奴は勝手だけど昔を思い出すと懐かしくもほろ苦い二度と会えない美女達を想ってふっと愛おしくて堪らない気持ちになるのでしょうね。少し感傷的ですが、私が本書にふさわしいBGMだと思える歌を2つ紹介しますと、堺正章さんの名曲「さらば恋人」いつも幸せすぎたのに 気づかない二人だった 悪いのは僕の方さ 君じゃない。そしてもう一曲は吉田修一さんと同郷の長崎県生まれのさだまさしさんの歌「おむすびクリスマス」の結びの歌詞。本当は とても幸せだったと あとで気づいた。 …続きを読む
    夢追人009
    2018年11月29日
    161人がナイス!しています
  • 2006年、まだスマホが一般的にそれほど普及していなかった時代。軽いタッチでいろいろな男女の関係を集めた短編集。私が読んだ吉田さんの小説とは随分雰囲気が違う。 それにしてもいろんな女性がいるものだ。出 2006年、まだスマホが一般的にそれほど普及していなかった時代。軽いタッチでいろいろな男女の関係を集めた短編集。私が読んだ吉田さんの小説とは随分雰囲気が違う。 それにしてもいろんな女性がいるものだ。出てくる男性は真面目に学校に行ってない大学生、就活中のフリーター、契約社員にこぎつけたいつでもいい加減な男等々。女を操っている様に思っているが、どの男も女に程よく手玉に取られている様が面白く読んだ。何も考えず、さらりと読める。 …続きを読む
    ショースケ
    2022年01月31日
    157人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

吉田 修一(よしだ・しゅういち)

1968年長崎市生まれ。97年「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞し作家デビュー。2002年『パレード』で第15回山本周五郎賞、同年『パーク・ライフ』で第127回芥川賞を受賞。07年『悪人』で第61回毎日出版文化賞と、第34回大佛次郎賞。10年『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞。著書に『女たちは二度遊ぶ』『怒り』『森は知っている』『橋をわたる』など多数。

最近チェックした商品