女たちは二度遊ぶ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043912018

女たちは二度遊ぶ

  • 著者 吉田 修一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043912018

実力派が描く女の生態

何もしない女、だらしない女、気前のいい女、よく泣く女……人生の中で繰り返す、出会いと別れ。ときに苦く、哀しい現代の男女を実力派の著者がリアルに描く短編集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「女たちは二度遊ぶ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 単行本で登録してしまったが、読んだのは文庫本だった。ここに出てくる表紙とは違うけど。文庫本には解説がついているのだ!解説の「男性作家の描く女性にいちいちつっこみを入れてしまったこと、女性なら少なからず 単行本で登録してしまったが、読んだのは文庫本だった。ここに出てくる表紙とは違うけど。文庫本には解説がついているのだ!解説の「男性作家の描く女性にいちいちつっこみを入れてしまったこと、女性なら少なからずある気がする。(以下略)」男女ひっくり返しても、まったく同じだって。だから面白い。 …続きを読む
    混沌
    2015年11月23日
    109人がナイス!しています
  • 悪人以来久々の吉田修一作品(短編)。内容は淡々としていますね。日常のワンシーンを描いているそんな感じです。殺人事件もありますが(^_^;出会いはともかく、登場する11名の女性は、普通に普段接する事が出 悪人以来久々の吉田修一作品(短編)。内容は淡々としていますね。日常のワンシーンを描いているそんな感じです。殺人事件もありますが(^_^;出会いはともかく、登場する11名の女性は、普通に普段接する事が出来そうな子ばかり。終わりもあっさりとして、少し後悔する場面もあり。振り返ると意外に奥深い。そんな1冊ですね。(^_^) …続きを読む
    むらKみ
    2013年07月29日
    102人がナイス!しています
  •  ダメ男といろいろタイプが違う11人の女が出会って別れるまでを綴った吉田修一の短篇集。面白く読了した。何の変哲もない日常ネタなのに、吉田修一の鮮やかな筆先で面白くグイグイ読まされてしまう。文章力、言葉  ダメ男といろいろタイプが違う11人の女が出会って別れるまでを綴った吉田修一の短篇集。面白く読了した。何の変哲もない日常ネタなのに、吉田修一の鮮やかな筆先で面白くグイグイ読まされてしまう。文章力、言葉の選択が実に見事。それにしても、女性を、女心をここまでリアルに描ける著者には感服の至りだ。軽い感じでサクサク読める作品である。「泣かない女」「平日公休の女」が印象的。聞くところによると、映画化されているらしい。DVDで観ようと思っている。 …続きを読む
    じいじ@
    2015年12月11日
    93人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

吉田 修一(よしだ・しゅういち)

1968年長崎市生まれ。97年「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞し作家デビュー。2002年『パレード』で第15回山本周五郎賞、同年『パーク・ライフ』で第127回芥川賞を受賞。07年『悪人』で第61回毎日出版文化賞と、第34回大佛次郎賞。10年『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞。著書に『女たちは二度遊ぶ』『怒り』『森は知っている』『橋をわたる』など多数。

最近チェックした商品