八月十五日の開戦

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784043757015

八月十五日の開戦

  • 著者 池上 司
  • デザイン 多田 和博
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784043757015

ここで敗れたら祖国は分断される。日本の運命を変えた六日間!

終戦を無視して突如開始された砲撃。濃霧の中、北千島に殺到する上陸部隊。祖国は分断の危機に! 太平洋戦争最後の闘いに身を挺した人々の、壮絶な運命を描く戦史小説。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「八月十五日の開戦」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • さきに読んだ浅田次郎氏の『終わらざる夏』と題材を同じくするが趣も読感も違うドキュメンタリータッチの作品。なる程、読友さんのおすすめの理由が分かったような気がする。終戦後、千島列島は占守島で戦わざるを得 さきに読んだ浅田次郎氏の『終わらざる夏』と題材を同じくするが趣も読感も違うドキュメンタリータッチの作品。なる程、読友さんのおすすめの理由が分かったような気がする。終戦後、千島列島は占守島で戦わざるを得なかった日本軍の敢闘。ロシア側の描写と交互に描かれる敗戦国日本の緊張。「今度は負けられんのだ!」誰もがそう思いながら、領土と国民の分断を阻止すべく北の果てでソビエト軍を迎え撃つ。もう、戦争は終わっているのに。父は終戦後、満州でソビエトの兵士と遭遇したことがあるという。これはたった70年程前のことなのだ。 …続きを読む
    chimako
    2014年11月14日
    58人がナイス!しています
  • 「1945年8月15日ポツダム宣言を受諾し終戦を迎えた」と歴史の授業では教わった。だが、それ以後も続く戦闘もあったのだ。日ソ不可侵条約の破棄し、戦後処理を優位に進めようと参戦するソ連。それに対し背水の 「1945年8月15日ポツダム宣言を受諾し終戦を迎えた」と歴史の授業では教わった。だが、それ以後も続く戦闘もあったのだ。日ソ不可侵条約の破棄し、戦後処理を優位に進めようと参戦するソ連。それに対し背水の陣で最後の戦いを挑む日本軍。千島列島の占守島での攻防戦を描いた小説。戦史を元にしたフィクションだが、実際に戦場におられた方への調査なども含め、ノンフィクションに近い作品になっているのではないだろうか?戦後、日本が分割され北海道がされソ連領とならずに今日を迎えているのも尊い犠牲があったおかげだと知った。★★★★ …続きを読む
    サンダーバード@読メ野鳥の会・怪鳥
    2014年08月09日
    38人がナイス!しています
  • ★★☆☆☆ ★★☆☆☆
    koba
    2019年04月13日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品