無音潜航

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784043757039

無音潜航

  • 著者 池上 司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784043757039

戦争寸前の緊張に包まれた黄海――海自潜水艦の運命は?

日韓両国で起きた同時多発テロにより、東アジア一帯は一気に緊張を増した。親善訪問先の中国・大連からの帰国途上にあった海上自衛隊潜水艦「さちしお」が遭難者を救助してから、事態は思わぬ方向へ……。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「無音潜航」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★☆ ★★★★☆
    koba
    2015年05月04日
    98人がナイス!しています
  • あらすじにより、北朝鮮による日韓両国への同時多発テロが発端との記述を見つけ、現実の朝鮮半島有事への危惧から読んでみたが、内容の中核は日中両国の潜水艦同士の攻防戦。意地とプライドをかけた戦術に長けた者同 あらすじにより、北朝鮮による日韓両国への同時多発テロが発端との記述を見つけ、現実の朝鮮半島有事への危惧から読んでみたが、内容の中核は日中両国の潜水艦同士の攻防戦。意地とプライドをかけた戦術に長けた者同士の心理戦。戦術的省察や後悔、ジレンマ。日中双方の視点を、瞬時に切り替えて描く緊迫感の演出は見事だ。専門用語が多用され素人の僕には難解だったが、リアリティの追求に於いてはやむを得ないだろうか。もう少し、艦長はじめ乗組員個々の心情を掘り下げたら、軍事面で素人の読者が読んでも面白い作品になったのではと思うと残念。 …続きを読む
    みも
    2017年04月22日
    36人がナイス!しています
  • 先制攻撃が出来ない日本の潜水艦が北朝鮮・中国の攻撃をどうかわしていくのか。息詰まる心理戦。これは文句なく面白い。政治家の腑抜けたやりとりや背景描写がいささか興を削ぐが、日中の潜水艦同士の艦長の駆け引き 先制攻撃が出来ない日本の潜水艦が北朝鮮・中国の攻撃をどうかわしていくのか。息詰まる心理戦。これは文句なく面白い。政治家の腑抜けたやりとりや背景描写がいささか興を削ぐが、日中の潜水艦同士の艦長の駆け引きには引きこまれる。登録者数が少ないのが、ふむ、ちょっと意外。 …続きを読む
    UK
    2017年03月03日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品