私はいつも私 片岡義男恋愛短篇セレクション 別れ

私はいつも私 片岡義男恋愛短篇セレクション 別れ 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2007年01月12日
商品形態:
電子書籍

私はいつも私 片岡義男恋愛短篇セレクション 別れ

  • 区分表記なし 片岡 義男
発売日:
2007年01月12日
商品形態:
電子書籍

さまざまな別れ、そして再びの出会いの風景。ビタースウィートな七つの短篇

会いたくてたまらなかった。もう会うこともないだろうし、二度と会わなくても構わないと思っていた。しかし、離婚してはじめての秋、男は、別れた妻にもう一度会いたいという気持ちを抑え切れず、彼女に電話をかける。何故、彼女と別れなければならなかったのか。いったい自分にとっての彼女とは、どういう存在なのだろう……。(「私はいつも私」) さまざまな別れ、そして再びの出会いの風景。ビタースウィートな七つの短篇。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「私はいつも私 片岡義男恋愛短篇セレクション 別れ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1P18行。2015年は「私以外私じゃないの」という曲が流行り、演奏する特異な名のバンドが脚光を浴び、やがてそのバンドのVoの言動が注目を持たれるようになった。「私」という言葉が2つあるものなら、「私 1P18行。2015年は「私以外私じゃないの」という曲が流行り、演奏する特異な名のバンドが脚光を浴び、やがてそのバンドのVoの言動が注目を持たれるようになった。「私」という言葉が2つあるものなら、「私はいつも私」という文庫本の題名が、昔からずっと心に残っている。片岡義男の作風や、作品のイメージならよくわかる。角川文庫、背表紙は赤、膨大な著作数、白地にポートレート、平熱平面の状景、男女の情景、字幕のような会話、服装を語り、佇まいを語り、出来事を語る。他に「私は彼の私」という題名の作品もある。 …続きを読む
    CEJZ_
    2016年01月20日
    0人がナイス!しています
  • 「彼女のリアリズムが輝く」推理と結末の予測できない鮮やかさに脱帽。 「彼女のリアリズムが輝く」推理と結末の予測できない鮮やかさに脱帽。
    yourkozukata
    2008年09月12日
    0人がナイス!しています
  • 「別れ」をテーマにセレクトされた短編集。他にチョイスすべき作品もあろうに、と思わされる。カバー写真とは合っているが。 「別れ」をテーマにセレクトされた短編集。他にチョイスすべき作品もあろうに、と思わされる。カバー写真とは合っているが。
    たくみ
    2021年05月31日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品