村田エフェンディ滞土録

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年04月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784048735131

村田エフェンディ滞土録

  • 著者 梨木 香歩
  • 装丁 中村 智
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年04月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784048735131

宗教とは。国とは。人間への深いまなざしが捉えた青春小説の新境地。

1899年、トルコ。遺跡発掘の留学生村田君の下宿には、英国の女主人、ギリシャ、ドイツの若者がいて熱い交流があった。宗教、民族、国家の根っこから人間を見つめ、その喜びと苦難を描いた新スタイルの青春小説。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「村田エフェンディ滞土録」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • トルコに留学した歴史研究者の村田が様々な国籍と宗教を持つ人々とともに暮らす日々を描いたお話。たんたんと文化や風土が語られて終わって行くのかと思いきや、中盤からファンタジー的な展開やトルコ革命や戦争の絡 トルコに留学した歴史研究者の村田が様々な国籍と宗教を持つ人々とともに暮らす日々を描いたお話。たんたんと文化や風土が語られて終わって行くのかと思いきや、中盤からファンタジー的な展開やトルコ革命や戦争の絡むきな臭い展開になってハラハラさせられ、ディクソン夫人の手紙の届く終盤は泣けました…。辛く切ないけどいいお話でした。 …続きを読む
    れみ
    2014年07月19日
    126人がナイス!しています
  • 良い物を読みました。静かに感慨できました。これぞ感慨無量。こんな本の存在を今まで知らずにいたとは情けない。(むらたえふぇんでぃたいとろく) 良い物を読みました。静かに感慨できました。これぞ感慨無量。こんな本の存在を今まで知らずにいたとは情けない。(むらたえふぇんでぃたいとろく)
    takaC
    2013年02月01日
    120人がナイス!しています
  • 「冬虫夏草」で出てきた村田の土耳古での話、同じように淡々とでも不思議な出来事が述べられていくのかと思ったら、思いがけずの結末に涙しました。土耳古という国には余り馴染みがないのですが、以前和歌山の串本で 「冬虫夏草」で出てきた村田の土耳古での話、同じように淡々とでも不思議な出来事が述べられていくのかと思ったら、思いがけずの結末に涙しました。土耳古という国には余り馴染みがないのですが、以前和歌山の串本で土耳古の冒頭に出てくる遭難のエピソードの記念碑をたまたま訪れていたので、日本との結びつきが古くからあった事を知りました。一度訪れたい国になりました。「およそ人間に関わる事で無縁なことは一つもない」 …続きを読む
    みかん🍊
    2014年11月18日
    112人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品