村田エフェンディ滞土録

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784043853014

村田エフェンディ滞土録

  • 著者 梨木 香歩
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784043853014

はるかな友たちよ、万のちいさき神々よ、人生の宝石なる時間よ--

1899年、トルコに留学中の村田君は毎日議論したり、拾った鸚鵡に翻弄されたり神様の喧嘩に巻き込まれたり。それは、かけがえのない青春の日々だった……21世紀に問う、永遠の名作青春文学。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「村田エフェンディ滞土録」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • いやあ、よかった。しみじみとそう思う。じんわりとしみ込んでゆくような種類の感動といえばいいだろうか。今回の文体は明治期の文豪風。あえて言うならば鷗外だろう。そして、小説構成のベースは『舞姫』。過ぎ去り いやあ、よかった。しみじみとそう思う。じんわりとしみ込んでゆくような種類の感動といえばいいだろうか。今回の文体は明治期の文豪風。あえて言うならば鷗外だろう。そして、小説構成のベースは『舞姫』。過ぎ去り失われた時間への追憶と憧憬だ。鸚鵡に始まり、年老いた鸚鵡に終わるのも見事。ディクスン婦人の手紙と、鸚鵡の「友よ」は泣ける。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2012年05月27日
    348人がナイス!しています
  • 『家守綺譚』『冬虫夏草』でちょいちょい登場する土耳古(トルコ)に留学している村田のスピンオフ!?かな(^^)下宿先の日常生活の話で、たんたんと終わるかと思ったら、稲荷(キツネ)、サラマンドラ(火の竜) 『家守綺譚』『冬虫夏草』でちょいちょい登場する土耳古(トルコ)に留学している村田のスピンオフ!?かな(^^)下宿先の日常生活の話で、たんたんと終わるかと思ったら、稲荷(キツネ)、サラマンドラ(火の竜)もでてきて…なるほどとなり、さらには高堂、綿貫も登場して、一気に引きこまれました(^-^)ディクソン夫人の手紙からの名もなき鸚鵡のシーンはウルッとしました。「ディスケ・ガウデーレ=楽しむことを学べ」いい言葉ですね!梨木作品は読むと、すぐに情景とかイメージが浮かぶ!そして眠りに導かれるのは俺だけか?(^^;) …続きを読む
    しんごろ
    2016年12月05日
    291人がナイス!しています
  • 1899年、トルコのスタンブールに留学していた村田が、下宿の仲間と生活を楽しんだり、トルコの文化に驚いたりとトルコの下宿生活を楽しむ物語。「春になったら苺を摘みに」のトルコ判だが、最後は「家守綺譚」に 1899年、トルコのスタンブールに留学していた村田が、下宿の仲間と生活を楽しんだり、トルコの文化に驚いたりとトルコの下宿生活を楽しむ物語。「春になったら苺を摘みに」のトルコ判だが、最後は「家守綺譚」に繋がり作品が繋がったことが面白い。村田が最後にトルコでの思い出を懐かしむ件は切なくなり、考えさせられた。 …続きを読む
    SJW
    2019年02月06日
    234人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品