ロマンス小説の七日間

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043736010

ロマンス小説の七日間

  • 著者 三浦 しをん
  • イラスト こなみ 詔子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043736010

今まさに旬な作家、三浦しをんが書き下ろす新感覚恋愛小説!

海外ロマンス小説の翻訳を生業とするあかりは、現実にはさえない彼氏と半同棲中の27歳。そんな中ヒストリカル・ロマンス小説の翻訳を引き受ける。最初は内容と現実とのギャップにめまいものだったが……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ロマンス小説の七日間」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 流石、三浦しおんさん。三浦さんの恋愛小説は、こんなにも面白いんだ。翻訳者の現実逃避による妄想がロマンス小説を訳すんじゃなく、創作する。それが、三浦さん風のロマンス小説!あっちの方に向いていく。初めてロ 流石、三浦しおんさん。三浦さんの恋愛小説は、こんなにも面白いんだ。翻訳者の現実逃避による妄想がロマンス小説を訳すんじゃなく、創作する。それが、三浦さん風のロマンス小説!あっちの方に向いていく。初めてロマンス小説楽しんじゃった。この創作の結末の方が、原作よりもヒットするんじゃないかなあ?。あとがきにある恋愛観もいい~。神名の生き方、あかりの受け方、あったらいいなぁ~。本当に面白い一冊。三浦さんの作品は、時々、思い出したように読むのに最適(●^o^●)。 …続きを読む
    にいにい
    2016年01月16日
    385人がナイス!しています
  • あまあまのベッタベタなロマンス小説がどんどん創作翻訳されて内容が変わって行くのが面白かった♪【ウォリック】よか【シャンドス】の方が好きだなぁ。 あまあまのベッタベタなロマンス小説がどんどん創作翻訳されて内容が変わって行くのが面白かった♪【ウォリック】よか【シャンドス】の方が好きだなぁ。
    青葉麒麟
    2011年12月18日
    375人がナイス!しています
  • 翻訳家の主人公あかりと恋人神名とのドタバタの恋愛劇と主人公が翻訳する海外ロマンス小説が並行して語られるという、ちょっと変わった構成。最初は「読みにくいかも」と思ったが、意外とサクサク読了。あかりの気分 翻訳家の主人公あかりと恋人神名とのドタバタの恋愛劇と主人公が翻訳する海外ロマンス小説が並行して語られるという、ちょっと変わった構成。最初は「読みにくいかも」と思ったが、意外とサクサク読了。あかりの気分によってロマンス小説がどんどんねつ造される展開に爆笑。昔のCMに「一粒で二度おいしい」とあったが、本作もそのとおり。2代目ウォリック様に幸あれ。「たんぽぽの汁」で飲みたくなった。 …続きを読む
    Atsushi
    2017年05月24日
    338人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品