試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784043520343

天の瞳 あすなろ編 I

  • 著者 灰谷 健次郎
  • イラスト 坪谷 令子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784043520343

わたしたちには何ができますか?感動のライフワーク第7弾

あなたが罪にならないために、わtらしたちはなにができますか。中学校での暴力事件に対して一人の女生徒がこんな言葉を発した。生きることとは何かを問うライフワーク


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「天の瞳 あすなろ編 I」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • もしも私が子供のころにこのような本と出合っていたら、今とは違うものの考え方や人とのかかわり方をしていたかもしれない。そして、子育てにおいてももっと違う接し方ができたかもしれない。読み始めに書かれていた もしも私が子供のころにこのような本と出合っていたら、今とは違うものの考え方や人とのかかわり方をしていたかもしれない。そして、子育てにおいてももっと違う接し方ができたかもしれない。読み始めに書かれていた父宗次郎と母芽衣のやり取りがとても印象的だ。子供でも一人前の人間として向き合う。突き放すわけではなく相手を尊重するところはとても大事だと思った。そして、仲間を思う気持ちは一朝一夕では生まれない。長い時間をかけて身についていくこと。こんな子供たちがいたら賑やかであり、かつ将来が楽しみになるだろう。続きが楽しみ。 …続きを読む
    あつひめ
    2019年11月08日
    48人がナイス!しています
  • ※料亭料理人のケンさんも含め、この小説には素敵な人間がたくさん登場する。※春の風の様なシュウちゃんの母、おふみばあちゃんの往生。薄幸の人生だった事が伺えるが、この地に住んでからはシュウちゃんとにこにこ ※料亭料理人のケンさんも含め、この小説には素敵な人間がたくさん登場する。※春の風の様なシュウちゃんの母、おふみばあちゃんの往生。薄幸の人生だった事が伺えるが、この地に住んでからはシュウちゃんとにこにこして暮らせ、認知症になる事も無く、皆と楽しく関わり合いを持ち大往生だった。 /倫太郎が中学生になってから4巻もずっと「学校の教育とは?」「学校を自分達で変えてゆこう」がテーマになっているが、余りにも長くくどくなって来た。その為読む熱意がDownしたが、このまま最終巻を読んでしまおう。 …続きを読む
    キューポップ
    2019年04月22日
    34人がナイス!しています
  • 人としてあるべき姿や生き方を正面から問われているように思う。この本に出てくる主要人物はそれぞれが皆尊敬できる人たちで、読んでいると自分の弱さやずるいところが嫌でも見えてくる。皆、自分というものをしっか 人としてあるべき姿や生き方を正面から問われているように思う。この本に出てくる主要人物はそれぞれが皆尊敬できる人たちで、読んでいると自分の弱さやずるいところが嫌でも見えてくる。皆、自分というものをしっかりと持っている。そしてなにより温かさ、思いやりといった人と関わるときに一番大切なものも忘れていない。私がこの本に出会ったのにはきっと意味があるのだと思う。読み終わったときに少し成長した自分がいそうな、そんな気がする。皆、真剣。だから私も真剣に最後まで読みたいと思う。 …続きを読む
    恵美
    2013年06月06日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品