角川文庫

天の瞳 最終話

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043520374
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

天の瞳 最終話

  • 著者 灰谷 健次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043520374

未完となったシリーズ『天の瞳』最終話。著者の最後の作品。

未完となった『天の瞳』シリーズの最終話と、同じく未完の新聞連載『乾いた魚(さかな)と濡れた魚(うお)』を収録。著者の最後の作品を収録した文庫オリジナル。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「天の瞳 最終話」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「やられたらやり返す。倍返しだ!」は危険な流行語。なぜなら憎しみを増幅させるだけだからだ。真の抵抗はお互いの人間性を覚醒させ、人間らしく生きるための知恵を発見するもの。学生時代に少林寺拳法に出会って3 「やられたらやり返す。倍返しだ!」は危険な流行語。なぜなら憎しみを増幅させるだけだからだ。真の抵抗はお互いの人間性を覚醒させ、人間らしく生きるための知恵を発見するもの。学生時代に少林寺拳法に出会って30年以上、実戦で使用したのは片手の数に満たない。実用の機会がない技術の習得にこれほど夢中になってきたのか?他武道を修業している方も考えるテーマのはず。それは、相手が変わることを漫然と期待するのではなく、自らが変わるための一歩を先に踏み出す勇気を武道から学んでいるのだ。これを描き切る前で絶筆したのが残念だ。 …続きを読む
    Miyoshi Hirotaka
    2014年01月05日
    24人がナイス!しています
  • こんな中途半端なところで終わるとは…不満とかそういうのではなくて、ただ悲しい。悔しいと言ってもいいのかな? こんな中途半端なところで終わるとは…不満とかそういうのではなくて、ただ悲しい。悔しいと言ってもいいのかな?
    まぁいっか
    2013年02月16日
    10人がナイス!しています
  • 高校生の時に灰谷さんの本に出合って色々な作品を読みましたが、この天の瞳シリーズは最後まで読めていませんでした。やっと読み終わり長い旅が終わった様な気持ちです。人は人と出合って、つながって、その中で考え 高校生の時に灰谷さんの本に出合って色々な作品を読みましたが、この天の瞳シリーズは最後まで読めていませんでした。やっと読み終わり長い旅が終わった様な気持ちです。人は人と出合って、つながって、その中で考えながら生きていく。こんな風に、深く自分の事、相手の事を想いながら生きたい。 …続きを読む
    mi
    2017年11月01日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品