北村薫の本格ミステリ・ライブラリー

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784043432042

北村薫の本格ミステリ・ライブラリー

  • 編者 北村 薫
  • 著者 北村 薫
  • イラスト 謡口 早苗
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784043432042

ミステリの名手が贈る新本格アンソロジー!あなたの知らない物語がここには

国内外を問わず、埋もれてしまったミステリを北村薫氏が、編纂。最後には有栖川有栖氏との対談も収録したミステリ・マニアにはもちろん、北村ファンにも嬉しい一冊。誰も知らない名作がいま、甦る!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「北村薫の本格ミステリ・ライブラリー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『有栖川有栖の本格ミステリ・ライブラリー』と姉妹本です。北村薫氏の選んだ懐かしの本格ミステリやこれは知らないでしょうと、銘打った作品が並びますが、どちらも知りませんでした。世の中は広い。しかも、色んな 『有栖川有栖の本格ミステリ・ライブラリー』と姉妹本です。北村薫氏の選んだ懐かしの本格ミステリやこれは知らないでしょうと、銘打った作品が並びますが、どちらも知りませんでした。世の中は広い。しかも、色んな意味でたいへん面白いです。江戸川乱歩先生の活躍を聞くに及んでは、改めて凄い人だったんだと再認識致しました。最初の『酔いどれ弁護士』を読んで、何故こんなにもお茶目なシリーズを知らなかったのかと落ち込み、作者が16歳の少年と知り驚くばかりです。兎に角ただのアンソロジーではありません。これぞプロと感じました。 …続きを読む
    セウテス@第60回うさぎの館イベ「ミステリ押しメン」祭
    2014年11月08日
    47人がナイス!しています
  • とてもとても面白かった。そこそこの期間だらだらと本読んでると、好きな分野のアンソロジーなら既読作品のひとつやふたつと出くわすもんだが、本書は一切が初読だった!不勉強を恥じるのみ。巻頭「密室三連弾プラス とてもとても面白かった。そこそこの期間だらだらと本読んでると、好きな分野のアンソロジーなら既読作品のひとつやふたつと出くわすもんだが、本書は一切が初読だった!不勉強を恥じるのみ。巻頭「密室三連弾プラスⅠ」でもう夢中。北村・有栖川両先生の鼎談と対談はあるわ思いがけず吾妻画伯が登場するわ「ジェミニー・・・」の米国版は読めるわ・・・。掲載作品の前に北村先生が読ませる、「さてお立会い!」とばかりのマクラが出色。思わず「な~に~?ドレドレ」となってまんまと楽しめちゃう。その引き出しの膨大さに目眩しつつ読了。満足♪ …続きを読む
    hanchyan
    2014年10月30日
    23人がナイス!しています
  • これと有栖川は2000年の8月にそれぞれ読んで、さらにその後北村さんの方は2回読んだ。今回が4回目である。うーん、流石は北村さんだな。レナード・トンプスンの「酔いどれ弁護士」シリーズとかおいいし、新井 これと有栖川は2000年の8月にそれぞれ読んで、さらにその後北村さんの方は2回読んだ。今回が4回目である。うーん、流石は北村さんだな。レナード・トンプスンの「酔いどれ弁護士」シリーズとかおいいし、新井素子ほかの「ライツヴィル殺人事件」も忘れられないでしょう。西条八十さんや吉行淳之介さんもやはりすごいよ。しかしここはやはり、ブランドの「ジェミニ―・クリケット事件(アメリカ版)」が最高だったよ。あの二人が実は……と言わせるところとかもう本当に本格だったよね。いやー、北村さん、ありがとうございます。 …続きを読む
    本木英朗
    2019年03月12日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品