冬のオペラ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784043432059

冬のオペラ

  • 著者 北村 薫
  • イラスト おーなり 由子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784043432059

探偵は、犯人を知ろうとするものなのです--それが誰であったとしても

名探偵はなるのではない、存在であり意志である――名探偵巫弓彦に出会った姫宮あゆみは、彼の記録者になった。そして猛暑の下町、雨の上野、雪の京都で二人は、哀しくも残酷な三つの事件に遭遇する……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「冬のオペラ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 存分に味わった、一冊。「遠い唇」繋がりで手にしたこちらの作品。物語が醸し出す雰囲気、テンポ、推理、北村さんの言葉選び、それらを存分に味わった。そして名探偵 巫さんの静かな佇まい。わたし、のあくまでも記 存分に味わった、一冊。「遠い唇」繋がりで手にしたこちらの作品。物語が醸し出す雰囲気、テンポ、推理、北村さんの言葉選び、それらを存分に味わった。そして名探偵 巫さんの静かな佇まい。わたし、のあくまでも記録係に徹する姿。この二人の姿、醸し出す距離感と空気感が特に柔らかさを感じて好き。「蘭と韋駄天」はニコライ堂を思わず確かめたくなる衝動に駆られるほどの推理。表題作「冬のオペラ」は推理よりもせつなさに心掴まれた。ハッとするほど胸に刺さる言葉、力強さとせつなさを携えた言葉が心に静かに舞う。 …続きを読む
    ちょろこ
    2020年02月11日
    114人がナイス!しています
  • 人知を超えた難事件のみを引き受ける名探偵・巫(かんなぎ)弓彦 世界一の警察力を誇る平和国家・日本に、そうそう難事件はある筈もなく今日もバイトで生計を立てる名探偵(笑) コミカル系かと思いきや、第三話  人知を超えた難事件のみを引き受ける名探偵・巫(かんなぎ)弓彦 世界一の警察力を誇る平和国家・日本に、そうそう難事件はある筈もなく今日もバイトで生計を立てる名探偵(笑) コミカル系かと思いきや、第三話 悲しい真実が見えてしまう名探偵にちょっぴり同情しました …続きを読む
    射手座の天使あきちゃん
    2011年08月13日
    81人がナイス!しています
  • 大学時代に読んで好きだった作品。読友さんが読まれていて、思い出して再読。当時椿さんが大人の女性に思えて、憧れたものです。もはや同年代。下手したら年下…。改めて読んだらとても悲しい話で、切ない気持ちにな 大学時代に読んで好きだった作品。読友さんが読まれていて、思い出して再読。当時椿さんが大人の女性に思えて、憧れたものです。もはや同年代。下手したら年下…。改めて読んだらとても悲しい話で、切ない気持ちになりました。でもきっと、初読のときのようには入り込めてない。何が変わってしまったんだろう。巫先生、個性的で面白い。しかしいまいちキャラが掴めず。。シリーズ化してそうなのに、していないのが残念。京都に行きたくなりました。 …続きを読む
    みっこ
    2017年08月23日
    62人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品