続 巷説百物語

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年05月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
768
ISBN:
9784048733007

続 巷説百物語

  • 著者 京極 夏彦
  • 装丁 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年05月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
768
ISBN:
9784048733007

公に解決できない事件を金で請け負い恨みを晴らす小悪党一味たち。暗闇に潜むあやかしたちを描きながら、人の心の奥底をあぶり出す、傑作妖怪時代小説。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「続 巷説百物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ第2弾とはいえ、前作とは全く雰囲気が異なりました。百介を語り手として又市一味の物語が成立している。その中で描かれる人の世に籠る闇の感情を物の怪の妖の姿に重ねていく美しさはたまりません。勧善懲悪 シリーズ第2弾とはいえ、前作とは全く雰囲気が異なりました。百介を語り手として又市一味の物語が成立している。その中で描かれる人の世に籠る闇の感情を物の怪の妖の姿に重ねていく美しさはたまりません。勧善懲悪というより、妖しき深みにはまるような感覚でした。連作短編でありながら連作短編でない味わいがあります。 …続きを読む
    優希
    2017年07月12日
    87人がナイス!しています
  • 巷説百物語のシリーズを読むのは、これで3作目。出鱈目な順番で読んでしまった。特に気にしてこのシリーズを読んでいた訳ではなかったのだけど、いつの間にか好きになってしまっていた。いやはやこれも妖か、はたま 巷説百物語のシリーズを読むのは、これで3作目。出鱈目な順番で読んでしまった。特に気にしてこのシリーズを読んでいた訳ではなかったのだけど、いつの間にか好きになってしまっていた。いやはやこれも妖か、はたまた又市の人身掌握術なのかは不明だけども、残りのシリーズも読むだろう。置いていかれた百介を思うと切ないなぁ。 …続きを読む
    芋蟲
    2015年10月07日
    30人がナイス!しています
  • 京極さんの著作には縁がなかったというか、怪異話しはこれまで読みたいジャンルとはしてこなかったが、宮部さんの「三島屋百物語」を読んでからかな。それでも、好みとまでいかないけど。  続巷説とある通り、続編 京極さんの著作には縁がなかったというか、怪異話しはこれまで読みたいジャンルとはしてこなかったが、宮部さんの「三島屋百物語」を読んでからかな。それでも、好みとまでいかないけど。  続巷説とある通り、続編で且つ、ろうそくは消すのではなく、語り手がろうそく問屋の若隠居で、怪談奇談を蒐集しているてな設定。前編の旅で怪異現象を装うことを生業とした無宿人たちと出会い、それからというもの、何かというと彼らとの関わりが生じるという奇妙な百物語。  設定や雰囲気はおもしろいけど、終盤の凄惨な長い話しには、やや辟易でした。 …続きを読む
    onasu
    2017年05月15日
    26人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

京極 夏彦(きょうごく・なつひこ)

1963年、北海道生まれ。小説家、意匠家、全日本妖怪推進委員会肝煎。94年、『姑獲鳥の夏』でデビュー。96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、04年『後巷説百物語』で直木賞、11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。著書多数。

最近チェックした商品