言葉の虫めがね

言葉の虫めがね

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年04月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
200
ISBN:
9784048835688

言葉の虫めがね

  • 著者 俵 万智
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
1999年04月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
200
ISBN:
9784048835688

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「言葉の虫めがね」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 俵万智さんの短歌はもちろん素敵なんですが、解説もすごくいい。なんでだろう、と思っていたけれど、人よりも先に言葉を愛してるんだろうなーと勝手に思う。言葉への興味が深い。だから人にも興味がわく。この言葉い 俵万智さんの短歌はもちろん素敵なんですが、解説もすごくいい。なんでだろう、と思っていたけれど、人よりも先に言葉を愛してるんだろうなーと勝手に思う。言葉への興味が深い。だから人にも興味がわく。この言葉いい、この感情をよく表している、素敵ってことが伝わってきて読んでいて気分がよい。俵さんだけじゃなく、他の方の言葉も好きになれる。 …続きを読む
    とろめし
    2019年02月07日
    3人がナイス!しています
  • この手の話が好き。「ダンボの耳から」は、変わりゆく言葉の世界。「言葉の味」は、言葉のチョイス、言葉のレイアウトの趣向で31音の言葉の花を咲かせる世界。日本語を虫眼鏡で覗くような作業をしたダンボの耳からも この手の話が好き。「ダンボの耳から」は、変わりゆく言葉の世界。「言葉の味」は、言葉のチョイス、言葉のレイアウトの趣向で31音の言葉の花を咲かせる世界。日本語を虫眼鏡で覗くような作業をしたダンボの耳からも、20年以上前のもので、すでに懐かしさの中にあったりする。それでもとても面白かった。 …続きを読む
    (*´ `*)
    2023年08月04日
    2人がナイス!しています
  • 〈図書館〉前半は言葉に視点を置いたエッセイ。どんなに素敵な男性でも言葉遣いにがっかりしてしまったり…というエピソードが面白かった^^ 後半は短歌や和歌を紹介していて、寺山修司についての話が興味深かったで 〈図書館〉前半は言葉に視点を置いたエッセイ。どんなに素敵な男性でも言葉遣いにがっかりしてしまったり…というエピソードが面白かった^^ 後半は短歌や和歌を紹介していて、寺山修司についての話が興味深かったです。 …続きを読む
    Miho☆
    2016年05月31日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品