もうひとつの恋

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1992年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
128
ISBN:
9784041754023

もうひとつの恋

  • 著者 俵 万智
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1992年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
128
ISBN:
9784041754023

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「もうひとつの恋」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 写真家、浅井慎平とのコラボレーション第2弾。フィクショナルな歌もあるようなのだが、やはり基本的には、この時期(1989年)の俵万智さんの恋をリアルに詠ったものが中心だ。これらの歌群を見ると、どうやら当 写真家、浅井慎平とのコラボレーション第2弾。フィクショナルな歌もあるようなのだが、やはり基本的には、この時期(1989年)の俵万智さんの恋をリアルに詠ったものが中心だ。これらの歌群を見ると、どうやら当時の万智さんは報われぬ恋(それを承知の上での恋でもあるが)の渦中にいたようだ。「さよならの 予感の中で気がついた 私あなたの妻になりたい」などは、けなげでもあり、せつなくもある。短歌の調べに乗せることは、同時に自らの気持ちを形にすることであり、私の感情はこんな風だったのかと気付かされる行為でもあるのだろう。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2016年05月13日
    284人がナイス!しています
  • 安心させたい、心配させたい、電話越しに風邪の具合を伝えながらふとよぎる予感。通話と共に何かが切れる音を聞きたくなくて、耳を離す。海を見ているふりをしていた、仮免許をあげた金曜日。大切な言葉はいつも短い 安心させたい、心配させたい、電話越しに風邪の具合を伝えながらふとよぎる予感。通話と共に何かが切れる音を聞きたくなくて、耳を離す。海を見ているふりをしていた、仮免許をあげた金曜日。大切な言葉はいつも短い。潮風だけが吹き抜けていく、忘れるはずのない日曜日。「それだけです」、それだけじゃないのに。会えずに終わった日を数えて、ゆっくりやってくる約束の木曜日。少しずつ少しずつ、薄めるような減点法で。あなたも世界のどこかで一人、一週間ぶりに声を聞く土曜日。さよならと、鳴りはじめるピアノ。あなたがいない、私がいない。 …続きを読む
    ちはや@灯れ松明の火
    2014年04月13日
    49人がナイス!しています
  • 俵万智の短歌と浅井慎平の写真が織りなす透明な愛の世界(表紙裏より)。電話にまつわる次の三首、「あなたから見えない女になりたくて受話器をとらずにいる昼下がり」「あきらめて受話器を置こうとするその瞬間君に 俵万智の短歌と浅井慎平の写真が織りなす透明な愛の世界(表紙裏より)。電話にまつわる次の三首、「あなたから見えない女になりたくて受話器をとらずにいる昼下がり」「あきらめて受話器を置こうとするその瞬間君につながりそうで」「チンという音をたてずに置く受話器なにかが切れてしまわぬように」が好き♪今は携帯だから時代を感じるけどいいんだよなぁ(´ー`) あと「言葉とはもどかしいもの親切と愛の違いの違いがほしい」「もう次に会う日のことを考えている目の前に君がいるのに」がお気に入り♪ 何度も読み返してる一冊です☆ …続きを読む
    湘子
    2014年11月03日
    37人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品