天使の囀り

関連作品有り

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年07月03日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
448
ISBN:
9784048731225

関連作品有り

天使の囀り

  • 著者 貴志 祐介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年07月03日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
448
ISBN:
9784048731225

メディアミックス情報

NEWS

「天使の囀り」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 最後の早苗の決断が「出頭」で良いのかどうかしばらく考えたが結論出ず。単純に警察に出向くという意味で「出頭」ということかな。 最後の早苗の決断が「出頭」で良いのかどうかしばらく考えたが結論出ず。単純に警察に出向くという意味で「出頭」ということかな。
    takaC
    2016年05月03日
    130人がナイス!しています
  • 体内に蠢く寄生虫という共通点から『孤虫症』を思い出しましたが、その作品を遥かに上回る気持ちの悪さ。生物学や心理学など、物凄い情報量を基とし組み立てられたストーリーである為、あまりに悍ましい末路も説得力 体内に蠢く寄生虫という共通点から『孤虫症』を思い出しましたが、その作品を遥かに上回る気持ちの悪さ。生物学や心理学など、物凄い情報量を基とし組み立てられたストーリーである為、あまりに悍ましい末路も説得力があり強烈な嫌悪感。感染者の最終段階の姿はトラウマになりそうです。特にオタク青年は心の弱さや愚かさを直接的に描かれていた事もあり、最も印象的で、その分大きなダメージを受けました。バイオホラーの傑作。『黒い家』より好きです。 …続きを読む
    2019年02月18日
    114人がナイス!しています
  • 人にオススメされて読んでみました。虫系と言われていたけど法医昆虫学者シリーズ読んでるし平気かと思っていたら、虫は虫でも寄生虫!途中何度もぞわぞわしました。食事の前後はやめておいた方がいいかも。情報量が 人にオススメされて読んでみました。虫系と言われていたけど法医昆虫学者シリーズ読んでるし平気かと思っていたら、虫は虫でも寄生虫!途中何度もぞわぞわしました。食事の前後はやめておいた方がいいかも。情報量が多くて処理しきれない部分もありましたが面白く読ませていただきました。 …続きを読む
    mint☆
    2019年02月26日
    83人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品