仄暗い水の底から

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1996年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784048729376

仄暗い水の底から

  • 著者 鈴木 光司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1996年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784048729376


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「仄暗い水の底から」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 水を題材にした短編集。読みやすい話でスイスイ読める。子供の頃夢に見たような印象を持ちつつ読んでいった。最後の「海に沈む森」が印象深かった。ケイビング、面白そうだと素直に感じた。 水を題材にした短編集。読みやすい話でスイスイ読める。子供の頃夢に見たような印象を持ちつつ読んでいった。最後の「海に沈む森」が印象深かった。ケイビング、面白そうだと素直に感じた。
    Mik.Vicky
    2016年10月17日
    9人がナイス!しています
  • 水を題材としたショートホラー集。同名の映画は『浮遊する水』を映像化したものですが、かなりアッサリした内容だったので驚きました。映画のような重いホラーを期待して読むと拍子抜けするかも。全編を通して、怖い 水を題材としたショートホラー集。同名の映画は『浮遊する水』を映像化したものですが、かなりアッサリした内容だったので驚きました。映画のような重いホラーを期待して読むと拍子抜けするかも。全編を通して、怖いよりも不気味な印象を受ける話が多いです。 …続きを読む
    助人
    2015年05月12日
    7人がナイス!しています
  • 水にまつわる怖い話をまとめた短篇集。「浮遊する水」が映画化されたが、映画と違い終始あっさりしていた。どの話も良かったが特に「夢の島クルーズ」と、「漂流船」が他の話よりホラー色強めで怖かった。 水にまつわる怖い話をまとめた短篇集。「浮遊する水」が映画化されたが、映画と違い終始あっさりしていた。どの話も良かったが特に「夢の島クルーズ」と、「漂流船」が他の話よりホラー色強めで怖かった。
    okawari
    2014年10月06日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品