試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1997年09月19日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041880029

仄暗い水の底から

  • 著者 鈴木 光司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1997年09月19日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041880029

大都市の欲望を呑みつくす東京湾。ゴミ、汚物、夢、憎悪……あらゆる残骸が堆積する埋立地。この不安定な領域に浮かんでは消える不可思議な出来事。実は皆が知っているのだ、海が邪悪を胎んでいることを。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「仄暗い水の底から」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 短編集だったのか。面白い。「浮遊する水」が怖かった。absintheは、ちょうど今子育て中で娘が6歳。かなり境遇に引きずられた感が…。ほかの作品も怖い。「穴ぐら」が印象に残った。 短編集だったのか。面白い。「浮遊する水」が怖かった。absintheは、ちょうど今子育て中で娘が6歳。かなり境遇に引きずられた感が…。ほかの作品も怖い。「穴ぐら」が印象に残った。
    absinthe
    2016年10月22日
    81人がナイス!しています
  • 東京湾を舞台にした、水に纏わるホラー短編集。『浮遊する水』は、 黒木瞳さん主演映画『仄暗い水の底から』の原作。かなり前にレンタルビデオで観て、怖かったのを覚えていた。この原作では推測で終わっていたけれ 東京湾を舞台にした、水に纏わるホラー短編集。『浮遊する水』は、 黒木瞳さん主演映画『仄暗い水の底から』の原作。かなり前にレンタルビデオで観て、怖かったのを覚えていた。この原作では推測で終わっていたけれど、映画では…。仄暗い水の底には、何が潜んでいるのか…世の中には知らないで済む方が、知らない方がいい世界が確実にあるのだ。 …続きを読む
    itoko♪
    2015年08月30日
    72人がナイス!しています
  • 水が無くては何者も生きてはいけない。しかしその水がもし……\水\にまつわる怖い話の短編集です。貞子でお馴染みの作者ですが、実は初読みでした。怖い話より、気持ち悪い話が多かった、という印象。⬛浮遊する水 水が無くては何者も生きてはいけない。しかしその水がもし……\水\にまつわる怖い話の短編集です。貞子でお馴染みの作者ですが、実は初読みでした。怖い話より、気持ち悪い話が多かった、という印象。⬛浮遊する水ーーこれはへヴィー級の気持ち悪さ。私もきっと引っ越します。⬛漂流船ーー誰もいない(はず)の豪華な船に1人きり。。。設備も快適ヤッホー!……!?Σ(゚Д゚;)⬛夢の島クルーズーー水と子供、最恐の組み合わせ。ーーそしてこの表紙である。 …続きを読む
    みっぴー
    2017年07月21日
    61人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品