ゆで卵

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043417032

ゆで卵

  • 著者 辺見 庸
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043417032

くずきり、するめ、ホヤ、プリン、コンソメ……そしてゆで卵。食物からはじまる男と女のそぞろ哀しく、妖しい出会いとエロスを描く、どこまでも不埒で無常な性愛小説。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ゆで卵」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 冒頭、のんきにゆで卵を食べる描写から始まる。ゆで卵のにおいから連想するエロス、地下鉄サリン事件の現場で漂っていた死のにおい。ゆで卵やくずきり、マスクメロン等、食べ物をテーマにした短編集。食べることと、 冒頭、のんきにゆで卵を食べる描写から始まる。ゆで卵のにおいから連想するエロス、地下鉄サリン事件の現場で漂っていた死のにおい。ゆで卵やくずきり、マスクメロン等、食べ物をテーマにした短編集。食べることと、性、そして死も一直線に並んでいる。カンボジアのゲンゴロウ売りの子供から買ったゲンゴロウと男の目『ゲンゴロウ』、何のために並んでいるのかわからないまま行列に加わる『ハンバーガー』、他にも『タコ』『スズメ』『ホットケーキ』が印象深かった。 …続きを読む
    アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯
    2017年07月05日
    43人がナイス!しています
  • 愛について、とりわけ身勝手な性欲だったり、承認欲求だったり、寂しさの穴埋めだったり、依存的であったりと、何か尊厳を欠いたような恋愛の短編集。よくある「恋愛」の否定は、逆説的につながりたい、信じたいとい 愛について、とりわけ身勝手な性欲だったり、承認欲求だったり、寂しさの穴埋めだったり、依存的であったりと、何か尊厳を欠いたような恋愛の短編集。よくある「恋愛」の否定は、逆説的につながりたい、信じたいというせつない欲望を照らしだす。本当の意味で信じる確証が欲しいのじゃないか。人一人だという事の孤独さが迫ってくる。 …続きを読む
    さっちも
    2018年08月18日
    21人がナイス!しています
  • 夜,ゆで卵をポクポクと食べる.女の秘所に挿入,後,産卵されたそれをも.サリン事件の地下鉄の朝からの,その夜に. 匂いから執拗に呼び覚まされる―多くは下世話で時に卑猥な―記憶と感覚は,記者連中が彼の事件 夜,ゆで卵をポクポクと食べる.女の秘所に挿入,後,産卵されたそれをも.サリン事件の地下鉄の朝からの,その夜に. 匂いから執拗に呼び覚まされる―多くは下世話で時に卑猥な―記憶と感覚は,記者連中が彼の事件を空疎さの中に回収してしまったところの\言葉\というものに対する強烈なカウンター.に,果たして成り得るのかどうか,或いはそう成り得えて欲しいという希望のようなもの?なのかも? 他に,不倫カップルが\少年の家\に中学生たちと同宿する,マジックリアリズムの「エビフライ」が良い. …続きを読む
    YO)))
    2015年12月23日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品