第3回 日本ホラー小説大賞 長編部門 佳作

角川ホラー文庫

十三番目の人格ISOLA

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1996年04月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041979013
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

第3回 日本ホラー小説大賞 長編部門 佳作

角川ホラー文庫

十三番目の人格ISOLA

  • 著者 貴志 祐介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1996年04月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041979013

賀茂由香里は、人の強い感情を読みとることができるエンパス。あどけない少女千尋の多重人格障害に胸を痛める。やがて十三番目の人格〈ISOLA〉の出現に、彼女は身も凍る思いがした。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「十三番目の人格ISOLA」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 単純な多重人格者によるサイコホラーと思ったら、予想に反して意外なアイデアが含まれており、この着想の妙を手放しで褒めたい。1995年に起きた阪神大震災を上手くストーリーに絡めて、このようなモダンホラーを 単純な多重人格者によるサイコホラーと思ったら、予想に反して意外なアイデアが含まれており、この着想の妙を手放しで褒めたい。1995年に起きた阪神大震災を上手くストーリーに絡めて、このようなモダンホラーを作り出す貴志氏の着想の素晴らしさ。これがデビュー作だというのだから、畏れ入る。では物語としてはどうかというと、これはさすがにまだ物足りないと云わざるを得ない。筆致もしっかりしているのだが、物語に必要な読者の感情を振幅させる“熱”という物が見えない。特に由香里と真部との出逢いのエピソードが陳腐で失笑物。 …続きを読む
    Tetchy
    2010年03月08日
    295人がナイス!しています
  • カバーデザインは横尾 忠則さんと田島 照久さんです。解説は収録されていません。貴志祐介さんのデビュー作です。第三回日本ホラー小説大賞長編賞佳作。怖さはあまり感じず、後味の悪いお話でした。 カバーデザインは横尾 忠則さんと田島 照久さんです。解説は収録されていません。貴志祐介さんのデビュー作です。第三回日本ホラー小説大賞長編賞佳作。怖さはあまり感じず、後味の悪いお話でした。
    nanasi
    2013年10月05日
    204人がナイス!しています
  • 再読。解離性同一性障害の少女「千尋」の中に生まれた13番目の危険な人格が巻き起こすSFサイコホラー。主人公「由香里」にエンパスの能力を設定することで、多重人格の解明やストーリー展開に無理や違和感がない 再読。解離性同一性障害の少女「千尋」の中に生まれた13番目の危険な人格が巻き起こすSFサイコホラー。主人公「由香里」にエンパスの能力を設定することで、多重人格の解明やストーリー展開に無理や違和感がない。構成も巧く「ISOLA」の正体など荒唐無稽になりそうでならないところにも筆力の凄さを窺わせる。また科学で解明しきれていない現象はどこか否定できない薄ら寒さを覚えさせ、ラストの恐怖感の演出も見事。ただ、由香里と真部の始まりが余りにもお手軽で肝心のラストへの布石としてやや説得力に欠けるところだけが非常に残念。 …続きを読む
    Yoko Omoto
    2014年08月18日
    148人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品