腐蝕

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1994年07月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041883051

腐蝕

  • 著者 竹本 健治
  • 解説 小野 不由美
  • 口絵デザイン 門坂 流
  • カバーデザイン 田島 照久
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1994年07月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041883051

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「腐蝕」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 普通のホラーと思っていたら、思いっきりSFだった(笑)それも、普通のSFですらない!前半の、それ以前、は少し物足りない感じで、このままだとイマイチ、と思ったら、それ以後、になったら、展開もスピーディー 普通のホラーと思っていたら、思いっきりSFだった(笑)それも、普通のSFですらない!前半の、それ以前、は少し物足りない感じで、このままだとイマイチ、と思ったら、それ以後、になったら、展開もスピーディーでノってきた!ラストは画ヅラが思い浮かぶ(  ̄▽ ̄) …続きを読む
    あっちゃん
    2019年01月20日
    20人がナイス!しています
  • 面白かったです(冷や汗)。SFホラーもの。わけのわからないものに侵食され、腐蝕してゆく世界、記憶、記録。主人公・ティナを襲う不気味な現象、グロテスクな描写、緊迫した空気に、はやる心を抑えながら読みまし 面白かったです(冷や汗)。SFホラーもの。わけのわからないものに侵食され、腐蝕してゆく世界、記憶、記録。主人公・ティナを襲う不気味な現象、グロテスクな描写、緊迫した空気に、はやる心を抑えながら読みました。血廱蛾も黒い影もなめくじも情報嵐も「ひ~」って感じなのですが、読後の虚無感の方がもっと恐ろしく、切なかったです。この超展開には、目がくらみました(私にとっては、『七瀬シリーズ』ほどではないにしても)。この著者の作品、いろいろと気になります。 …続きを読む
    片瀬
    2015年02月27日
    15人がナイス!しています
  • 悪夢的な現実を描いたSFホラーということで、ややディックっぽい部分もありつつも、物語自体はぐねぐねした屈折さはあまりなく、比較的スタンダードな枠組みに、独特の美学のある単語や文章で技巧的なヴィジョンを 悪夢的な現実を描いたSFホラーということで、ややディックっぽい部分もありつつも、物語自体はぐねぐねした屈折さはあまりなく、比較的スタンダードな枠組みに、独特の美学のある単語や文章で技巧的なヴィジョンを見せる感じでしょうか。怖いというよりは不安定な気持ちにさせる、そんな眩暈感が良いですね。 …続きを読む
    hirayama46
    2019年11月22日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品