角川ホラー文庫

腐蝕

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1994年07月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041883051

角川ホラー文庫

腐蝕

  • 著者 竹本 健治
  • 解説 小野 不由美
  • 口絵デザイン 門坂 流
  • カバーデザイン 田島 照久
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1994年07月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041883051


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「腐蝕」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前半のホラー風味からは想像できないくらい、最後はスケールが大きくなってた。こわさはよく分からなかった。SF。 前半のホラー風味からは想像できないくらい、最後はスケールが大きくなってた。こわさはよく分からなかった。SF。
    misa
    2014年12月11日
    32人がナイス!しています
  • 普通のホラーと思っていたら、思いっきりSFだった(笑)それも、普通のSFですらない!前半の、それ以前、は少し物足りない感じで、このままだとイマイチ、と思ったら、それ以後、になったら、展開もスピーディー 普通のホラーと思っていたら、思いっきりSFだった(笑)それも、普通のSFですらない!前半の、それ以前、は少し物足りない感じで、このままだとイマイチ、と思ったら、それ以後、になったら、展開もスピーディーでノってきた!ラストは画ヅラが思い浮かぶ(  ̄▽ ̄) …続きを読む
    あっちゃん
    2019年01月20日
    20人がナイス!しています
  • 面白かったです(冷や汗)。SFホラーもの。わけのわからないものに侵食され、腐蝕してゆく世界、記憶、記録。主人公・ティナを襲う不気味な現象、グロテスクな描写、緊迫した空気に、はやる心を抑えながら読みまし 面白かったです(冷や汗)。SFホラーもの。わけのわからないものに侵食され、腐蝕してゆく世界、記憶、記録。主人公・ティナを襲う不気味な現象、グロテスクな描写、緊迫した空気に、はやる心を抑えながら読みました。血廱蛾も黒い影もなめくじも情報嵐も「ひ~」って感じなのですが、読後の虚無感の方がもっと恐ろしく、切なかったです。この超展開には、目がくらみました(私にとっては、『七瀬シリーズ』ほどではないにしても)。この著者の作品、いろいろと気になります。 …続きを読む
    片瀬
    2015年02月27日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品