忘れな草

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1993年04月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041879016

忘れな草

  • 著者 赤川 次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1993年04月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041879016

山間の小さな町に住む高校2年の布悠子は、遺跡掘りの帰りに見知らぬ男を目撃した。その日を境に何かがゆっくりと迫ってくる。封じ込めたはずの、しかし拭い去れない”過去”が日常を脅す恐怖を描く。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「忘れな草」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 昔の3人を結びつける話。 恐いと思うとよけいに恐くなる。 赤川次郎の恐怖小説は,うすら恐いという感じだろう。 幸せいっぱいでないだけに不憫なのかもしれない。 昔の3人を結びつける話。 恐いと思うとよけいに恐くなる。 赤川次郎の恐怖小説は,うすら恐いという感じだろう。 幸せいっぱいでないだけに不憫なのかもしれない。
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2011年04月28日
    95人がナイス!しています
  • 出てくる大人が皆不倫している。終いにゃ近親相姦(rape!?)してJKば孕ますゲスすぎる大人……。発掘現場で何が!?春日municipal図書館 出てくる大人が皆不倫している。終いにゃ近親相姦(rape!?)してJKば孕ますゲスすぎる大人……。発掘現場で何が!?春日municipal図書館
    グレ
    2016年12月08日
    35人がナイス!しています
  • 山間の小さな町に住む高校生布悠子。遺跡発掘の帰りに見知らぬ男を目撃したことをきっかけに彼女を取り巻く日常は変貌していく。ついに殺人事件にまで発展。封印された過去の犯罪が蘇り、死者が復讐する。 山間の小さな町に住む高校生布悠子。遺跡発掘の帰りに見知らぬ男を目撃したことをきっかけに彼女を取り巻く日常は変貌していく。ついに殺人事件にまで発展。封印された過去の犯罪が蘇り、死者が復讐する。
    星落秋風五丈原
    1993年05月02日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

赤川 次郎(あかがわ・じろう)

一九四八年、福岡県生まれ。七六年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。作品が映画・ドラマ化されるなど、続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「鼠」シリーズ他、『セーラー服と機関銃』『ふたり』など著書多数。二〇〇六年、第9回日本ミステリー文学大賞、一六年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

最近チェックした商品