試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041718032

蔵 (上)

  • 著者 宮尾 登美子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041718032

新潟の蔵元に生まれ、運命に翻弄され育ちゆく少女の一代記。

新潟の旧家、蔵元の家に生まれ育った娘、烈。家族の愛を一身に受ける烈だが、小学校入学を前に、失明にいたる目の病を知る。過酷な運命を背負う烈と祖母、父母、叔母たちが織り成す愛と哀しみの旅が始まった。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「蔵 (上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 出身地、新潟・新発田辺りが舞台の小説。 頁いっぺことあったろも、盆の帰省までに、なんとか上巻読み終わったて。 全編新潟弁だすけ、バイリンガルモード切り替えて、通勤中なまら読んださ。 …方言を読みにくい 出身地、新潟・新発田辺りが舞台の小説。 頁いっぺことあったろも、盆の帰省までに、なんとか上巻読み終わったて。 全編新潟弁だすけ、バイリンガルモード切り替えて、通勤中なまら読んださ。 …方言を読みにくいと感じると、没入感が違うかも知れないですね。 …続きを読む
    T2y@
    2015年08月12日
    18人がナイス!しています
  • 母の賀穂さんが亡くなった時に我が儘だった烈が、年月を経て、思慮深くなっていた事が印象的でした。 母の賀穂さんが亡くなった時に我が儘だった烈が、年月を経て、思慮深くなっていた事が印象的でした。
    けいこ
    2015年05月06日
    11人がナイス!しています
  • 烈。大地主の父が酒造りする家で9人目の子として生まれるが、8人の子は死産など夭折。烈しく強い子にと願いをこめて烈と名付けられる。が、その子もまた不治の病の眼病でいずれは全盲になると診断。祖母、母ともに 烈。大地主の父が酒造りする家で9人目の子として生まれるが、8人の子は死産など夭折。烈しく強い子にと願いをこめて烈と名付けられる。が、その子もまた不治の病の眼病でいずれは全盲になると診断。祖母、母ともに烈の目を案じて三十三参りをするも途中で倒れ弱っていたこともあり亡くなる。烈が小さい頃より一緒にいた母の妹佐穂。佐穂を後妻にと遺言を遺した烈の母。が、父は後妻に若い色街のせつを連れてくる。久しぶりに読んだので覚えている箇所もだいぶあるがやはり宮尾登美子作品は心に響くものがある。 …続きを読む
    ニノユキ
    2015年03月22日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品