試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2000年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
273
ISBN:
9784041718063

関連作品有り

はずれの記

  • 著者 宮尾 登美子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2000年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
273
ISBN:
9784041718063

メディアミックス情報

NEWS

「はずれの記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日記、雑記、随筆、エッセイ?日常の徒然を綴ったもので、パワフルな宮尾作品からは想像も出来ないが、やはり女流作家ならではの繊細さが垣間見える。 日記、雑記、随筆、エッセイ?日常の徒然を綴ったもので、パワフルな宮尾作品からは想像も出来ないが、やはり女流作家ならではの繊細さが垣間見える。
    カリン
    2015年09月06日
    12人がナイス!しています
  • なんか最近、作家の随筆ばかり読んでいる。で、物書きは体力勝負なんだとつくづく思う。で、宮尾さんは心臓が弱いだの身体が弱いだのおっしゃるけど。満洲から命からがら逃げ帰って、高知から一念発起上京して、あん なんか最近、作家の随筆ばかり読んでいる。で、物書きは体力勝負なんだとつくづく思う。で、宮尾さんは心臓が弱いだの身体が弱いだのおっしゃるけど。満洲から命からがら逃げ帰って、高知から一念発起上京して、あんだけの作品書かれて。還暦前後に家を建て変えるやら。パワフルな人だったんだな。豪華客船にも乗ったりさ。 …続きを読む
    なにょう
    2015年08月23日
    7人がナイス!しています
  • 転居始末記、木の話がよかった。風呂に浸かりながら、ゆるゆると…。 転居始末記、木の話がよかった。風呂に浸かりながら、ゆるゆると…。
    ひろ
    2014年12月19日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品