試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1997年04月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041704059

私の骨

  • 著者 高橋 克彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1997年04月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041704059

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「私の骨」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • うーん、びみょ。『おそれ』の各話は怖かったけど、それ以外はそんなに。心霊現象云々というよりも、人間の心理が与える恐怖にフィーチャーされているので、いわゆるホラー小説だと期待して読むと肩透かしを食らうか うーん、びみょ。『おそれ』の各話は怖かったけど、それ以外はそんなに。心霊現象云々というよりも、人間の心理が与える恐怖にフィーチャーされているので、いわゆるホラー小説だと期待して読むと肩透かしを食らうかもしれない。また、文章の意味がわかりにくかったり、いまいち何がしたかったのかよくわからない話もあり、小説としてそもそもいかがなものか?という側面もあった。ただ、『おそれ』の中に出てくる“恐怖”のメカニズム的な部分に言及した個所はちょっとおもしろい。 …続きを読む
    徒花
    2016年10月23日
    387人がナイス!しています
  • 伝承や因習、霊的な世界、人の業の深さを絡めたホラー短編集。「私の骨」恨みは深い。「ゆきどまり」哀しいがラストは彼女にとっては救いだったかも。「ささやき」番長という言葉が時代を感じさせる。「髪の森」覚め 伝承や因習、霊的な世界、人の業の深さを絡めたホラー短編集。「私の骨」恨みは深い。「ゆきどまり」哀しいがラストは彼女にとっては救いだったかも。「ささやき」番長という言葉が時代を感じさせる。「髪の森」覚めない悪夢。一番ゾッとしたのが「おそれ」これは誰の立場にいても背筋が凍る。「奇縁」人は見かけによらず。嫌な恐ろしさだった。 …続きを読む
    ままこ ฅ*•ω•*ฅ♡
    2019年08月25日
    89人がナイス!しています
  • ホラー系が苦手な私ではあるが、読友さんたちの影響で大分と手に取ることが出来るようになった。今回も初読み作家さん。8編からなる作品の内、仕込まれた事故だったのかと思わせるゾワッとした「奇縁」、若気の至り ホラー系が苦手な私ではあるが、読友さんたちの影響で大分と手に取ることが出来るようになった。今回も初読み作家さん。8編からなる作品の内、仕込まれた事故だったのかと思わせるゾワッとした「奇縁」、若気の至りが哀しい「ささやき」が好み。何れも生きた人間の所業の怖さ満載でした。 …続きを読む
    dorebook
    2018年11月06日
    61人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品