角川文庫

葡萄が目にしみる

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1986年02月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041579084
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

葡萄が目にしみる

  • 著者 林 真理子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1986年02月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041579084

葡萄づくりの町。地方の進学校。自転車の車輪を軋ませて、乃里子は青春の門をくぐる。淡い想いと葛藤、目にしみる四季の移ろいを背景に、素朴で多感な少女の軌跡を鮮やかに描き上げた感動の長編。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「葡萄が目にしみる」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 東京から急行で2時間ほど離れた、葡萄畑のある町。サッカーをやっている学生が出てくるのに章の見出しには野球場しか出て来ない。そういう世代,そういう時代なのだろう。野生時代別冊特集林真理子スペシャル書き下 東京から急行で2時間ほど離れた、葡萄畑のある町。サッカーをやっている学生が出てくるのに章の見出しには野球場しか出て来ない。そういう世代,そういう時代なのだろう。野生時代別冊特集林真理子スペシャル書き下ろし。随筆より小説の方がいい。解説の栗本伸一郎が入れこんでいる。まず,大江健三郎と対比し,フランス女流哲学者ヴェーユ,バタイユを引き出している。林真理子スペシャルにも関与した栗本伸一郎の自慢話かもしれない。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年08月20日
    128人がナイス!しています
  • 周りの目を気にしすぎてしまう主人公、乃理子。こんなにも共感できる小説にも数多くは出会えないんだろうな。いつも側にいる人が考えていることなんて分からない。慣れない恋心にもすぐには気づけずに過ごす毎日は塩 周りの目を気にしすぎてしまう主人公、乃理子。こんなにも共感できる小説にも数多くは出会えないんだろうな。いつも側にいる人が考えていることなんて分からない。慣れない恋心にもすぐには気づけずに過ごす毎日は塩辛いものだけれど、今しか出来ない経験をどうか大切にしてほしい。上手に泣けるようになった最後には成長を見てきたからか嬉しさが込み上げてきました。淡い紫色から巡り行く季節を今の乃理子ならどう見るのだろう。どうかその瞳に輝かしく映りますように。蒲萄づくりの町にも訪れてみたいなと幻想を抱きながら閉じた最後の一ページ。 …続きを読む
    優愛
    2015年01月30日
    125人がナイス!しています
  • 読友さんの感想より。読んでいて10代の頃の自分を見ているようでした。垢抜けなくて野暮ったい、容姿にどうしようもないコンプレックスを持つ自意識過剰な乃里子。そんな彼女を笑えないのは私の中に乃里子がいるか 読友さんの感想より。読んでいて10代の頃の自分を見ているようでした。垢抜けなくて野暮ったい、容姿にどうしようもないコンプレックスを持つ自意識過剰な乃里子。そんな彼女を笑えないのは私の中に乃里子がいるから。性への目覚めと好奇心、異性への淡い思いや憧れ。「女」としての自分の価値が如何程であるか、周囲の同性と比較して一喜一憂したり……思春期の心は不安定で忙しない。でも、思春期って皆こんな感じなんじゃないのかな。だからこそ本書は多くの共感を呼び、読み継がれているんだと思います。青春小説の決定版。 …続きを読む
    蓮子
    2017年01月13日
    103人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品