ルンルンを買っておうちに帰ろう

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1985年10月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041579046

ルンルンを買っておうちに帰ろう

  • 著者 林 真理子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1985年10月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041579046

モテたいやせたい結婚したい。いつの時代にも変わらない女の欲、そしてヒガミ、ネタミ、ソネミ。口には出せない女の本音を代弁し、読み始めたら止まらないと大絶賛を浴びた、抱腹絶倒のデビューエッセイ集。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ルンルンを買っておうちに帰ろう」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白かったです。悩みやコンプレックスを明るく書いており、コミカルに感じさせます。色々あったことを全て昇華し、現在の林真理子ができているんだなと思いました。時代を感じるところはありますが、肉食で前向きな 面白かったです。悩みやコンプレックスを明るく書いており、コミカルに感じさせます。色々あったことを全て昇華し、現在の林真理子ができているんだなと思いました。時代を感じるところはありますが、肉食で前向きな姿は天晴れです。自虐的で毒舌で赤裸々だからこそ自分を変える力があるんですね。ここまで生々しく告白するのかと思うと赤面ものですが。 …続きを読む
    優希
    2016年08月12日
    97人がナイス!しています
  • 図書館で借りたこの本は昭和57年発行の古いもので、多くの人に読まれたであると、容易に想像できる程傷んでいた。林真理子は昔、アグネスチャンとオオゲンカした記憶がある。後はずけずけ物言うブスなおばさんと 図書館で借りたこの本は昭和57年発行の古いもので、多くの人に読まれたであると、容易に想像できる程傷んでいた。林真理子は昔、アグネスチャンとオオゲンカした記憶がある。後はずけずけ物言うブスなおばさんというイメージ。最近では文芸賞の審査員をしている。その程度の人であり、好きでも嫌いでもなかったのが、確か柚木麻子の作品かインタビューに、本作のタイトルが出てきて読みたくなり読了。とにかく、さらけ出した書きっぷりに笑いが止まらない。一言で言えば痛快です。現代風に、リメークしてもうけそうです。ネタは無限にある。 …続きを読む
    たつや
    2016年10月26日
    50人がナイス!しています
  • カドフェス2018の1冊だが、林真理子さんの原点なようなエッセイ。すでに文庫本も35年以上も前の初版の本。あとがきの「拍手が全くこないストリッパーはかなりみじめなような気がする。だから私の裸体を見て カドフェス2018の1冊だが、林真理子さんの原点なようなエッセイ。すでに文庫本も35年以上も前の初版の本。あとがきの「拍手が全くこないストリッパーはかなりみじめなような気がする。だから私の裸体を見て、顔をそむける人もいるかもしれないが、なるべくたくさんの人がピーピー口笛を吹いて喜んでくれるといいなあ。」がこの本を表している。古風なところもあり、体にコンプレックスもありながら、私は私、「ヒガミ、ネタミ、ソネミ」も赤裸々だが、あるあると思ってしまう。その人その人のよさを生かしていくのが一番かなあ。面白い。 …続きを読む
    のぶのぶ
    2018年09月23日
    42人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品