試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1985年10月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
284
ISBN:
9784041527122

特急「白鳥」十四時間

  • 著者 西村 京太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1985年10月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
284
ISBN:
9784041527122

  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「特急「白鳥」十四時間」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 亀井刑事を殺すことに1000万円の懸賞金がついた。 誰が胴元かが分からず,右往左往する警察。 関西から東北への列車に乗り, 事態の打開を図ろうとする。 その列車の中で,若い婦人警官が殺される。 亡くな 亀井刑事を殺すことに1000万円の懸賞金がついた。 誰が胴元かが分からず,右往左往する警察。 関西から東北への列車に乗り, 事態の打開を図ろうとする。 その列車の中で,若い婦人警官が殺される。 亡くなった婦人警官に関する記述が余りにも少ない。 亀井,十津川の対応もあまりに淡白。 ここが西村京太郎の弱点なのかも。 物語の流れを重視し、人としての思いが希薄。 他方で仕掛けた側の事情に対する記述も深みがないかも。 推理小説としては一流。西村京太郎が嫌いな人の気持ちが。。。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2015年07月26日
    31人がナイス!しています
  •  突然、1000万の賞金を掛けられたカメさんと、カメさんを守る為に特急白鳥に乗り込んだ十津川班の活躍を描いた一篇。  途中、婦人警官が殺害されますが、その動機が曖昧で不明のままでした。  十津川班の中  突然、1000万の賞金を掛けられたカメさんと、カメさんを守る為に特急白鳥に乗り込んだ十津川班の活躍を描いた一篇。  途中、婦人警官が殺害されますが、その動機が曖昧で不明のままでした。  十津川班の中では、日下刑事がセリフも多く最も活躍しますが、清水刑事や新人の若林刑事は、段々とセリフがなくなります(^^;  青森行く途中で、白鳥から降りたのかもしれません(笑) …続きを読む
    桂 渓位
    2020年09月19日
    6人がナイス!しています
  • 【★★★★☆】 やはりタイトルがガッツリ絡むやつは面白い。特急白鳥内でのカメさんを狙う犯人との攻防、そして進んでも進んでもなかなか判明しない犯行動機。ラストがそこまで拍子抜けな感じでないのが好評価です 【★★★★☆】 やはりタイトルがガッツリ絡むやつは面白い。特急白鳥内でのカメさんを狙う犯人との攻防、そして進んでも進んでもなかなか判明しない犯行動機。ラストがそこまで拍子抜けな感じでないのが好評価です。 …続きを読む
    義輝仮面
    2017年08月22日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品