悪魔の手毬唄 金田一耕助ファイル12

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1971年07月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041304020

悪魔の手毬唄 金田一耕助ファイル12

  • 著者 横溝 正史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1971年07月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041304020

岡山と兵庫の県境、四方を山に囲まれた鬼首村。この地に昔から伝わる手毬唄が、次々と奇怪な事件を引き起こす。数え唄の歌詞通りに人が死ぬのだ! 現場に残される不思議な暗号の意味は?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「悪魔の手毬唄 金田一耕助ファイル12」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★★ 金田一シリーズの岡山編はどれも安定して面白いのだが、その中でも最も好きな作品がこれ。 見立て殺人は既に『獄門島』で扱われていたが、本作は殆どの住民に忘れられたような古い手毬唄がうまくト ★★★★★ 金田一シリーズの岡山編はどれも安定して面白いのだが、その中でも最も好きな作品がこれ。 見立て殺人は既に『獄門島』で扱われていたが、本作は殆どの住民に忘れられたような古い手毬唄がうまくトリックに用いられている他、顔のない死体の使い方も工夫されていて骨太ミステリとなっている。 また、本作では不幸に負けず気丈だった里子や、三重の悲劇に襲われるイケメン歌名雄などをはじめ魅力的なキャラが多い上、過去の殺人と現代の殺人が絡み合って謎を深めている点もGOOD(≧∀≦) …続きを読む
    Kircheis
    2020年12月28日
    344人がナイス!しています
  • 岡山と兵庫の県境にある鬼首村。旧友磯川警部の勧めで休養のためこの地を訪れた金田一耕助は、戦争を挟んだ二十年前の殺人事件が迷宮入りのままである事を知る。そんな彼の眼前で、今また手毬唄の歌詞に沿って娘達が 岡山と兵庫の県境にある鬼首村。旧友磯川警部の勧めで休養のためこの地を訪れた金田一耕助は、戦争を挟んだ二十年前の殺人事件が迷宮入りのままである事を知る。そんな彼の眼前で、今また手毬唄の歌詞に沿って娘達が次々と殺されていくのだ。土俗を忘れたような顔をした山峡の村にも戦争は傷痕を残していった。目まぐるしい競争に没落する家系や落伍する人々など、戦後日本に遍在した闇が土俗の闇と混じり合い読む人を戦慄させずにはおかない。時を隔てた両事件はいかなる因果関係を持つのか。過去と現在を探る探偵は靄の中を行く旅人のようだった。 …続きを読む
    夜間飛行
    2022年07月10日
    278人がナイス!しています
  • 横溝作品のベスト1とも言われるだけあって、ストーリー・犯人・トリック全てを知っていて、なおかつ楽しく読んだ。先日、映画を見たので、自然に作品世界のイメージもできた。映画よりも構成が当然ながら緻密だし、 横溝作品のベスト1とも言われるだけあって、ストーリー・犯人・トリック全てを知っていて、なおかつ楽しく読んだ。先日、映画を見たので、自然に作品世界のイメージもできた。映画よりも構成が当然ながら緻密だし、思わず唸ってしまうほど丁寧にできている。金田一耕助と磯川警部、そして村人とのやりとりや、行動・風習の描写など、ミステリ要素以外の、小説としての魅力もすぐれている。奇跡的なトリックを成立させるために、いかに自然に作品世界を作り込むか、作者の努力がしのばれる。発表から60年を経ても魅力のあせない作品。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2020年04月20日
    231人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品