悪魔の手毬唄 金田一耕助ファイル12

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1971年07月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041304020

悪魔の手毬唄 金田一耕助ファイル12

  • 著者 横溝 正史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1971年07月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041304020

岡山と兵庫の県境、四方を山に囲まれた鬼首村。この地に昔から伝わる手毬唄が、次々と奇怪な事件を引き起こす。数え唄の歌詞通りに人が死ぬのだ! 現場に残される不思議な暗号の意味は?

メディアミックス情報

NEWS

「悪魔の手毬唄 金田一耕助ファイル12」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 横溝作品のベスト1とも言われるだけあって、ストーリー・犯人・トリック全てを知っていて、なおかつ楽しく読んだ。先日、映画を見たので、自然に作品世界のイメージもできた。映画よりも構成が当然ながら緻密だし、 横溝作品のベスト1とも言われるだけあって、ストーリー・犯人・トリック全てを知っていて、なおかつ楽しく読んだ。先日、映画を見たので、自然に作品世界のイメージもできた。映画よりも構成が当然ながら緻密だし、思わず唸ってしまうほど丁寧にできている。金田一耕助と磯川警部、そして村人とのやりとりや、行動・風習の描写など、ミステリ要素以外の、小説としての魅力もすぐれている。奇跡的なトリックを成立させるために、いかに自然に作品世界を作り込むか、作者の努力がしのばれる。発表から60年を経ても魅力のあせない作品。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2020年04月20日
    205人がナイス!しています
  • 「一羽のすずめのいうことにゃ…」「二番目のすずめの…」「三番目の…」鬼首村に伝わる手毬唄通りに娘が殺されていく。読者にはプロローグで既に唄の全容が示された上で、枡に漏斗・マユ玉に大判小判・錠前と鍵など 「一羽のすずめのいうことにゃ…」「二番目のすずめの…」「三番目の…」鬼首村に伝わる手毬唄通りに娘が殺されていく。読者にはプロローグで既に唄の全容が示された上で、枡に漏斗・マユ玉に大判小判・錠前と鍵など見立てられるのが分かりやすくワクワク出来る。かなり後半で何気なく唄の存在を知らされる金田一は不憫だけど(笑)それだけでなく、23年前の殺人や死者からの手紙などが醸し出す不気味な雰囲気はまさに横溝作品。なかなか結びつかない動機や背景だが、終盤納得の伏線回収で導き出された真相はまさに八方塞がりで悲愴感漂うばかり… …続きを読む
    nobby
    2019年06月05日
    161人がナイス!しています
  • カドフェス2020より。横溝正史初読み。20世紀半ば、田舎の名家、童謡殺人、恐怖、そして本格推理。これは和製アガサクリスティーですね。読みやすく、面白かったので機会があれば他のものも読んでみたいです。 カドフェス2020より。横溝正史初読み。20世紀半ば、田舎の名家、童謡殺人、恐怖、そして本格推理。これは和製アガサクリスティーですね。読みやすく、面白かったので機会があれば他のものも読んでみたいです。 …続きを読む
    本読みたぬき
    2020年08月16日
    160人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品