ぐうたら生活入門

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1971年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041245064

ぐうたら生活入門

  • 著者 遠藤 周作
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1971年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041245064

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ぐうたら生活入門」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • こんなざっくばらんに好き勝手なこと書いて本になるのか。たしか著者の小説『ヘチマくん』の解説で、著者は糞尿話が好きだと暴露してあったが本当にその通り!控えめに言っても、この本全体の2割程度は糞尿話になっ こんなざっくばらんに好き勝手なこと書いて本になるのか。たしか著者の小説『ヘチマくん』の解説で、著者は糞尿話が好きだと暴露してあったが本当にその通り!控えめに言っても、この本全体の2割程度は糞尿話になっている。便秘症はケチな人がなるもので、なぜなら自分の物は外に出すまいとの心持ちの表れって、なんて斬新な発想!この本の読者の75%は気の弱い奴か、、言い当てられたな。でも、毎度ながら著者だからこその達観した人生観に勇気もらえる。あとがきにある著者の大好きなトルコのことわざが秀逸。「明日出来ることを、今日するな」 …続きを読む
    奏市
    2020年06月13日
    12人がナイス!しています
  • 遠藤周作って「海と毒薬」「沈黙」とかでシリアスなイメージがあったけど、こういうのも書くんだ・・・大正生まれの人の話は表現の端々に時代を感じる。 遠藤周作って「海と毒薬」「沈黙」とかでシリアスなイメージがあったけど、こういうのも書くんだ・・・大正生まれの人の話は表現の端々に時代を感じる。
    おじ
    2016年03月12日
    7人がナイス!しています
  • 不思議だけど、読み終わって、狐狸庵先生の「声」が自分の中でできてる。笑 そして、何気ない日常のなんか裏寂しい感じのする場面を、自分で小馬鹿にして笑おうって思った瞬間に自分の心の声が狐狸庵口調になってる 不思議だけど、読み終わって、狐狸庵先生の「声」が自分の中でできてる。笑 そして、何気ない日常のなんか裏寂しい感じのする場面を、自分で小馬鹿にして笑おうって思った瞬間に自分の心の声が狐狸庵口調になってる。笑 …続きを読む
    とも
    2012年10月26日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品