愛と苦悩の手紙

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1962年05月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041099094

愛と苦悩の手紙

  • 著者 太宰 治
  • 編 亀井 勝一郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1962年05月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041099094

太宰の素顔、事件の消息、作品の成立過程がわかる書簡資料

獄中の先輩に宛てた手紙から、死のひと月あまり前に妻へ寄せた葉書まで、友人知人に送った書簡二一二通。太宰の素顔と、さまざまな事件の消息、作品の成立過程などを明らかにする第一級資料でもある書簡集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「愛と苦悩の手紙」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本当に純粋で正直な人だったんだと思う。人に頼みごとをする、金を無心するときの言葉がこんなにだらしなくてだめだめだとは。自分の弱さと甘えを臆面なく出している。きっと女性もこんな言葉で口説いていたんだろう 本当に純粋で正直な人だったんだと思う。人に頼みごとをする、金を無心するときの言葉がこんなにだらしなくてだめだめだとは。自分の弱さと甘えを臆面なく出している。きっと女性もこんな言葉で口説いていたんだろうな。なんども心中を図り、家庭を壊し、知人を裏切った太宰の心の内、職業作家として生計をたてることへの苦悩の一端がうかがえる。こんな弱くてナイーブな太宰治が生んだ小説が好きだ。 …続きを読む
    ゴンゾウ
    2016年04月17日
    60人がナイス!しています
  • 600通以上の太宰の書簡を亀井勝一郎が編纂した本書。何というか、手紙の相手が男だろうが女だろうが(女性あての手紙は美知子夫人あて以外収録されていませんが…)全身全霊をかけて「掻き口説く」かのような文章 600通以上の太宰の書簡を亀井勝一郎が編纂した本書。何というか、手紙の相手が男だろうが女だろうが(女性あての手紙は美知子夫人あて以外収録されていませんが…)全身全霊をかけて「掻き口説く」かのような文章が印象的だった。太宰って寂しがり屋な人だったのかなあとも思う。しかし檀さんへの手紙が一通もないのが気になる。あんなに悪友だったのに。山岸さん宛にはいっぱいあるのに。檀さんのご家族から許可が下りなかったのだろうか。書簡集にして波乱に富んだ生涯を送ったひとりの作家の人生クロニクルのような一冊。 …続きを読む
    ユミ
    2015年10月13日
    55人がナイス!しています
  • 太宰は短編をいくつか読んだだけで長編は読んでいないし、代表作といわれている作品をほぼ読んでいないので、勝手なイメージだけなのだが、太宰治は、もっと虚無的でニヒルなダメ人間なのではないかと思っていた。こ 太宰は短編をいくつか読んだだけで長編は読んでいないし、代表作といわれている作品をほぼ読んでいないので、勝手なイメージだけなのだが、太宰治は、もっと虚無的でニヒルなダメ人間なのではないかと思っていた。この書簡集を読むと真っすぐで純粋なところや、文学や仕事に関して熱いところ、戦後の手のひら返しのような世間の風潮に思うところなど、以外な一面を見た思い。相手に自分の弱さを見せて頼み事をする時などのダメだけれど放っておけなくなるような、つい甘えさせてしまいたくなるような手紙はイメージ通りだった。 …続きを読む
    アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯
    2016年10月06日
    45人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品