もの思う葦

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1957年11月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041099087

もの思う葦

  • 著者 太宰 治
  • 解説 柳 美里
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1957年11月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041099087

機知とユーモアに富んだアフォリズム、エッセイ集

昭和10~11年。生活、文学の凄絶な葛藤のなか、26歳の時に「晩年」と並行して書き記した「もの思う葦」、志賀直哉ら既成の文学者に異議を唱えた「如是我聞」など、全創作時期におけるアフォリズム、エッセイ集


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「もの思う葦」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「苦しみ多ければ、それだけ、報いられること少なし」太宰治が小説創作と並行して書き残した随想・アフォリズム集。この作家は本当に読者に対するサーヴィスが巧いなと思う。お道化ていながら不意に真理を突き、苦悶 「苦しみ多ければ、それだけ、報いられること少なし」太宰治が小説創作と並行して書き残した随想・アフォリズム集。この作家は本当に読者に対するサーヴィスが巧いなと思う。お道化ていながら不意に真理を突き、苦悶していながら不意に舌を出し、真摯でありながら諧謔に満ちている。襟を正して拝聴するというよりはむしろその逆、お互いに胡座をかいて対座し談笑するような気持ちで、愉しく読んだ。戯作精神が徹底されている。可笑しくもあり、身につまされることもあり、太宰文学の発想の源流を垣間見るという点でも一読に値するエッセイ集だ。 …続きを読む
    東京湾
    2019年09月10日
    13人がナイス!しています
  • 226作目。7月18日から。読んでいて元気が出た。これが太宰節か。人や小説に対しての批判尽くしの作品だったけれど、内容は的を射ていて痛快であった。特に「食慾における淫乱」というフレーズがとても気に入っ 226作目。7月18日から。読んでいて元気が出た。これが太宰節か。人や小説に対しての批判尽くしの作品だったけれど、内容は的を射ていて痛快であった。特に「食慾における淫乱」というフレーズがとても気に入った。味がわからなければどんなに良いものを食べても意味がない。わかりやすくするために食べ物に例えられていた点が明快で良かった。鈍感と異常は同義である。「変わらねばなるまい」という言葉に集約される。人を鼓舞する力強いエッセイであった。 …続きを読む
    氷柱
    2016年07月24日
    7人がナイス!しています
  • 印象に残るのは、如是我聞の志賀批判。この項が最後にあるのにも関係があるのだろうけど。如是我聞を読んで、太宰は本当に死ぬ気で、苦労して作品を書いてたんだろうな、と思った。そうでなければ、作品そっちのけの 印象に残るのは、如是我聞の志賀批判。この項が最後にあるのにも関係があるのだろうけど。如是我聞を読んで、太宰は本当に死ぬ気で、苦労して作品を書いてたんだろうな、と思った。そうでなければ、作品そっちのけの個人批判を公に出すほど怒れないもの。全体としては、かなり散らばった印象を持たせる文章集だけど、読んでるうちにそれが味になる。狙って書いてるなら、凄い。生きるとは苦しいこと、自分は弱い人間、などなど彼の考えがはっきり表れている。そしてそれが苦しい。そんな中「春昼」はほっこりした。なるほど、と感心する項もあった。 …続きを読む
    ge_ha
    2011年03月28日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品