試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1968年06月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041099018

晩年

  • 著者 太宰 治
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1968年06月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041099018


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「晩年」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • なかなかテンポに慣れず、最初は読み難さがあった。太宰の葛藤や迷いの心が感じられる作品ばかり。故に読むに苦しく進まない。才能に振り回されながら、搾り出しながら、結果ここから歩み出した太宰はやはり偉人かと なかなかテンポに慣れず、最初は読み難さがあった。太宰の葛藤や迷いの心が感じられる作品ばかり。故に読むに苦しく進まない。才能に振り回されながら、搾り出しながら、結果ここから歩み出した太宰はやはり偉人かと。 …続きを読む
    wisteria
    2015年08月31日
    7人がナイス!しています
  • 「晩年」という短編ははいってない。これ、重要。ちなみに当時出版された「晩年」はペーパーナイフできりひらいて読む身体的読書行為を要請された。これも重要。しかも、大学ノートみたいにばかでかかったんだぜ。う 「晩年」という短編ははいってない。これ、重要。ちなみに当時出版された「晩年」はペーパーナイフできりひらいて読む身体的読書行為を要請された。これも重要。しかも、大学ノートみたいにばかでかかったんだぜ。うん、重要。 …続きを読む
    御前田あなた
    2009年07月07日
    4人がナイス!しています
  • 悲壮感。行き詰まったり、嫌な思い出と対面しなればならないような、そういう書けない小説を無理矢理書くつらさと痛さが生々しく描かれているように感じた。 悲壮感。行き詰まったり、嫌な思い出と対面しなればならないような、そういう書けない小説を無理矢理書くつらさと痛さが生々しく描かれているように感じた。
    黙劇
    2014年03月01日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品