試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1968年11月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041033043

舞踏会・蜜柑

  • 著者 芥川 龍之介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1968年11月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041033043

夜空に消える一閃の花火に人生を象徴させる「舞踏会」や、見知らぬ姉妹の情に安らぎを見出す「蜜柑」。表題作の他、「沼地」「竜」「疑惑」「魔術」など大正8年の作品計16編を収録。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「舞踏会・蜜柑」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 拭いきれぬ疑惑は自責の念の仕業か或いは自己欺瞞か。その行為は当人ですら判別がつかぬ「疑惑」。予想を裏切る巧みな展開がまるで映画のよう。己も知らぬ心の中を炙り出す語りもまたマジカル「魔術」。やはり芥川。 拭いきれぬ疑惑は自責の念の仕業か或いは自己欺瞞か。その行為は当人ですら判別がつかぬ「疑惑」。予想を裏切る巧みな展開がまるで映画のよう。己も知らぬ心の中を炙り出す語りもまたマジカル「魔術」。やはり芥川。中編になると…「路上」。いかな高尚な芸術も高邁な精神も切実なる生活の実感の前では容易に色褪せてしまう可笑しみ「葱」。人生の中の、花火のようなその一瞬の煌めき。アオハルかよっ!「舞踏会」。言わずもがなの白眉。その橙色の行方の残像までもが目に浮かぶよう。淀んだ心と真っ直ぐな心。二人の悲しみの対比が鮮やか「蜜柑」。 …続きを読む
    めしいらず
    2020年05月23日
    43人がナイス!しています
  • ☆☆☆★ やはり芥川は長編は不向きなのか「路上」の評価は低いが、芥川の時代の学生ってこんな感じだったのかなあと想像できて面白かった。立札のいたずらのつもりが現実に竜が出現する「竜」と「鼠小僧次郎吉」の ☆☆☆★ やはり芥川は長編は不向きなのか「路上」の評価は低いが、芥川の時代の学生ってこんな感じだったのかなあと想像できて面白かった。立札のいたずらのつもりが現実に竜が出現する「竜」と「鼠小僧次郎吉」のオチはやっぱりなと思った。濃尾大地震の際、がれきに埋まった妻を助けられずに<安楽死>させた夫の心情は果たして「疑惑」。 …続きを読む
    メタボン
    2019年09月13日
    32人がナイス!しています
  • 『蜜柑』語るほど読んでないけど芥川の中でも特に好きな短編作品。汽車の座席から一歩も動かないのに、トンネルの入り口と出口で色彩がガラリと変わり面白い。モノクロのショートフィルムがカラーに転じる瞬間を見た 『蜜柑』語るほど読んでないけど芥川の中でも特に好きな短編作品。汽車の座席から一歩も動かないのに、トンネルの入り口と出口で色彩がガラリと変わり面白い。モノクロのショートフィルムがカラーに転じる瞬間を見た感覚。燻る煙の中に鮮やかな蜜柑がポンポンポン!と弾け、曇天の心に甘酸っぱい果汁が広がり、ホッとする。 …続きを読む
    みうか♡スローペース♡
    2017年02月25日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品