トピックス

角川ソフィア文庫の12月新刊が発売! 年末年始にぴったりな好奇心をくすぐる4点

株式会社KADOKAWAは、このたび角川ソフィア文庫の新刊4作品を12月24日(木)に発売いたします。

[表: https://prtimes.jp/data/corp/7006/table/7942_1.jpg ]

★最新情報を発信中! 角川ソフィア文庫公式Twitter:@kadokawagakugei




『さらに悩ましい国語辞典』
神永 曉

「了解」「了承」「承知」の違いは? 「東日本」と「西日本」の境はどこ?
読み方や表記・意味など、曖昧なままで使っていることば。その歴史を見据えながら、どのような変遷を経ていまの使われ方になったのかを解明。辞書編集者を悩ませてきた、時代と共に変化することばの不思議に迫る、さらに蘊蓄満載のエッセイ。ロングセラー『悩ましい国語辞典』の待望の姉妹編。
定価: 1,232円(本体1,120円+税)/ページ数:448
ISBN:9784044005214
https://www.kadokawa.co.jp/product/321904000028/





『華厳の研究』
鈴木大拙=著/杉平シズ智=訳

「この天上の世界は光明そのものである」――大拙が挑む、華厳の思想。
仏の悟りの世界はどのようなものか。どうすればそこに至ることができるのか。絢爛な華厳経の世界に、日本が誇る仏教学者・鈴木大拙が挑む。安藤礼二氏による解説も付して再刊する、不朽の名著。
定価: 990円(本体900円+税)/ページ数:320
ISBN:9784044004538
https://www.kadokawa.co.jp/product/321809000008/





『江戸のコレラ騒動』
高橋 敏

庶民の記録を手がかりに、招かれざる侵入者コレラを通して幕末日本を描く。
黒船来航直後、幕末の江戸を大地震が襲った。安政5年、これにコレラが追い打ちをかける。3日で死ぬといわれたコレラ。それを操るとされた悪狐を倒すため、強い霊力を持つ御神犬や御札を求め、さらには京から神社を勧請。無礼講の祝祭に走った。当時の人々がどのようにコレラと闘ったのか、東海の村に残る記録から再現。民衆の迷信と笑えない。新型コロナ騒動を彷彿とさせる、おかしくもたくましい庶民たちの姿を活写する。
定価: 1,100円(本体1,000円+税)/ページ数:272
ISBN:9784044006402
https://www.kadokawa.co.jp/product/322008000740/





『東方見聞録』
マルコ・ポーロ=著/長澤和俊=訳・解説

現地を踏査したシルクロード史家が「旅人の眼」で訳し読み解く不朽の名著
ヴェネツィア商人の息子マルコは中国へ陸路で渡り、13世紀のアジア世界を支配するフビライ・ハーンの絢爛たる宮廷へと辿り着く。元朝の使者として見聞した各地の暮らしや奇妙な風習、宗教、貨幣や通信制度、そして財宝の島ジパングと元寇の顛末。ヨーロッパ人の驚異を集めたその冒険譚は、コロンブスを突き動かし、大航海時代の原動力となった。生涯を中央アジアの踏査にささげたシルクロード史家が、旅人の眼で訳し読み解く。
定価: 1,188円(本体1,080円+税)/ページ数:336
ISBN:9784041107737
https://www.kadokawa.co.jp/product/322006000597/