くろねこカフェのおやつ 泣きたい夜のマロングラッセ

くろねこカフェのおやつ 泣きたい夜のマロングラッセ

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041148341
label

くろねこカフェのおやつ 泣きたい夜のマロングラッセ

  • 著者 高橋 由太
  • イラストレーター げみ
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041148341

あなたなら、最後のおやつに何を用意しますか?

海を望む古民家風の「くろねこカフェ」。そこには、青年店主の谷中景がふるまう「くろねこのおやつ」がある。
景の妹・風花が社長を務める葬儀会社のサービスのひとつで、葬儀の後日、故人の思い出のおやつを招待客にふるまうお茶会だ。たとえば、こんな……。
中学生の頃の陰口が原因で外に出るのが怖くなり、42歳の現在までひきこもっている奥寺由美香。父はすでに亡く、働かずに母に甘える生活を送っていた。
しかし母はある日突然心筋梗塞で他界してしまう。葬儀を終えて途方に暮れていた由美香のもとに、「くろねこのおやつ」の招待状が届いた。
直筆の母からの招待状に、彼女は勇気を出して「くろねこカフェ」へ向かった……。
「楽花生パイ」「マロングラッセ」「ティラミス」「ベーコンのチョコレートがけ」。もう会えない大切な人から届く甘い贈り物に秘められたメッセージとは――。
海を望む古民家風の「くろねこカフェ」。そこには、青年店主の谷中景がふるまう「くろねこのおやつ」がある。
景の妹・風花が社長を務める葬儀会社のサービスのひとつで、葬儀の後日、故人の思い出のおやつを招待客にふるまうお茶会だ。たとえば、こんな……。
中学生の頃の陰口が原因で外に出るのが怖くなり、42歳の現在までひきこもっている奥寺由美香。父はすでに亡く、働かずに母に甘える生活を送っていた。
しかし母はある日突然心筋梗塞で他界してしまう。葬儀を終えて途方に暮れていた由美香のもとに、「くろねこのおやつ」の招待状が届いた。
直筆の母からの招待状に、彼女は勇気を出して「くろねこカフェ」へ向かった……。
「楽花生パイ」「マロングラッセ」「ティラミス」「ベーコンのチョコレートがけ」。もう会えない大切な人から届く甘い贈り物に秘められたメッセージとは――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

プロローグ  
第一話  独りぼっちの楽花生パイ  
第二話  猫とティラミス  
第三話  泣きたい夜のマロングラッセ
第四話  さよならはベーコンのチョコレートがけ  
エピローグ

この著者の商品

最近チェックした商品