作ってあげたい小江戸ごはん2 まんぷくトマトスープと親子の朝ごはん

作ってあげたい小江戸ごはん2 まんぷくトマトスープと親子の朝ごはん

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年05月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041094273
label

作ってあげたい小江戸ごはん2 まんぷくトマトスープと親子の朝ごはん

  • 著者 高橋 由太
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2020年05月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041094273

心が晴れるごはん、 できました。川越のほっこり定食屋さん物語、第2弾。

川越の外れにある定食屋「たぬき食堂」。青年店主・大地の〈心も体もスッキリする〉ごはんと、元気な看板娘・たまきを楽しみに今日もお客さんがやって来る。ある春の日、結婚式の食事会で店を貸し切りたいという依頼が。花嫁は大地の同級生で、初恋の人でもあった。彼女の父親が結婚に反対していると知り、どんな料理を出すか悩む大地。ずっと近くにいたからこそ、上手く言葉で伝えられない。そんな親子の気持ちを繋ぐ意外な一皿とは?
川越の外れにある定食屋「たぬき食堂」。青年店主・大地の〈心も体もスッキリする〉ごはんと、元気な看板娘・たまきを楽しみに今日もお客さんがやって来る。ある春の日、結婚式の食事会で店を貸し切りたいという依頼が。花嫁は大地の同級生で、初恋の人でもあった。彼女の父親が結婚に反対していると知り、どんな料理を出すか悩む大地。ずっと近くにいたからこそ、上手く言葉で伝えられない。そんな親子の気持ちを繋ぐ意外な一皿とは?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一話 節東風――まんぷくトマトスープ
第二話 桜湯――ごまねぎポン酢
第三話 春祭――びっくり焼きおにぎり
第四話 祝言――えんむすびのサツマイモ
第五話 掻き餅――ぼた餅とおはぎ

同じシリーズの作品

「作ってあげたい小江戸ごはん2 まんぷくトマトスープと親子の朝ごはん」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 親を思う子、子を思う親、あったかいお話に川越の名産物を使った小江戸ごはん。そしてなんと言っても可愛い!た○きのたまきちゃん。老舗レストラン「モダン亭太陽軒」色漆喰の外壁とステンドグラス♡一番街、昔ながら 親を思う子、子を思う親、あったかいお話に川越の名産物を使った小江戸ごはん。そしてなんと言っても可愛い!た○きのたまきちゃん。老舗レストラン「モダン亭太陽軒」色漆喰の外壁とステンドグラス♡一番街、昔ながらの風情を残した蔵造りの町並み♡ドラマのロケ地巡りも良い下町ロケットの料亭山屋、JIN仁の川越城本丸御殿、いつか訪れることが出来たら、松本醤油商店でお醤油買いたい!蔵の見学も♡小江戸黒豚のソーセージも!つぼ焼き芋平本屋も魅力的♡料理では唐揚げをきな粉で揚げる✨そしてポン酢ならぬポンス、美味しくてあたたかい作品 …続きを読む
    おくちゃん🌸柳緑花紅
    2023年12月19日
    86人がナイス!しています
  • 川越で元洋食屋の料理人大地と、美味しいご飯が大好きな健啖家で明朗快活な笑顔眩しい看板娘のたまきが営む下町定食屋物語の2巻。たまきの天然ぶりとご飯を美味しそうに食べる時の幸せそうな笑顔が良く、気付けば大 川越で元洋食屋の料理人大地と、美味しいご飯が大好きな健啖家で明朗快活な笑顔眩しい看板娘のたまきが営む下町定食屋物語の2巻。たまきの天然ぶりとご飯を美味しそうに食べる時の幸せそうな笑顔が良く、気付けば大地のご飯もパクパクと食べちゃう食いしん坊な所が可愛い。大量の炒り卵に隠れたソーセージとミックスベジタブルが最高に美味しそうな小江戸ソーセージご飯は私の胃袋に直撃。母の唐揚げが子供の頃から大好きで、作り方を教わって自分で作れるようになったらそれ以降母に「唐揚げ担当ね」と言われ作って貰えなくなった悲しい思い出が… …続きを読む
    スズ
    2020年10月03日
    53人がナイス!しています
  • 1巻から思っていましたが、川越独自の美味しい物がたくさんあって、すぐにでも行きたくなります。卵かけご飯の卵は黄身だけなのが驚きなのと、やっぱり川越のお醤油なのでしょう。きな粉の唐揚げ、お豆腐からのお手 1巻から思っていましたが、川越独自の美味しい物がたくさんあって、すぐにでも行きたくなります。卵かけご飯の卵は黄身だけなのが驚きなのと、やっぱり川越のお醤油なのでしょう。きな粉の唐揚げ、お豆腐からのお手軽一品等々食べたい物満載。川越を舞台にした小説もたくさん読んでいるので、たぬき食堂にも食べに行くのかな。作者の枠を超えてコラボしたら面白そう。何度か大地が見習いコックだった銀座の洋食屋店主が来てくれた背景の親心に、嬉しいような切ないようなため息が出ました。ところどころいきすぎ感はあるものの、やっぱり面白い。 …続きを読む
    ぶんこ
    2022年02月26日
    51人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品