脳科学捜査官 真田夏希 ノスタルジック・サンフラワー

脳科学捜査官 真田夏希 ノスタルジック・サンフラワー

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年02月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041146279
label

脳科学捜査官 真田夏希 ノスタルジック・サンフラワー

  • 著者 鳴神 響一
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年02月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041146279

人質のなかに自分の母親が! 絶体絶命の危機をどう乗り越えるか。

警察庁サイバー特捜隊から神奈川県警に戻ってきた真田夏希は、帰任早々に、出動要請を受けた。箱根のホテルで宿泊客二名と従業員二名を人質にとった立てこもり事件が発生したのだ。犯人は連絡を拒否し、何も要求もしていないという。だが、SISの島津らと現場の観察に向かった夏希は、衝撃の光景を目にすることになる──夏希の母親が人質になっていたのだ。夏希は犯人との交渉方法を探るが……。
書き下ろし警察小説、第20弾。
警察庁サイバー特捜隊から神奈川県警に戻ってきた真田夏希は、帰任早々に、出動要請を受けた。箱根のホテルで宿泊客二名と従業員二名を人質にとった立てこもり事件が発生したのだ。犯人は連絡を拒否し、何も要求もしていないという。だが、SISの島津らと現場の観察に向かった夏希は、衝撃の光景を目にすることになる──夏希の母親が人質になっていたのだ。夏希は犯人との交渉方法を探るが……。
書き下ろし警察小説、第20弾。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

目 次

序章 函館に残る悲しみ

第一章 出戻り夏希、最初の事件

第二章 湖畔の祭典

第三章 函館の隅に眠っていた過去

同じシリーズの作品

「脳科学捜査官 真田夏希 ノスタルジック・サンフラワー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • このシリーズも最近よく出版されています。軽い感じもしますが、ちょうど時間が余ったりするときに向いています。今回は主人公の女性が神奈川県警の元いた職場に戻ります。上司も刑事部長で戻ります。そのコンビが今 このシリーズも最近よく出版されています。軽い感じもしますが、ちょうど時間が余ったりするときに向いています。今回は主人公の女性が神奈川県警の元いた職場に戻ります。上司も刑事部長で戻ります。そのコンビが今回は芦ノ湖のホテルの立てこもり事件に対応させられます。そこには主人公の母親が人質になったりしてますが、ここでの事件は解決しまっす。しかしながら、事件は函館まで波及し昔の主人公のいとこが死んだことも関連してきます。まあ楽しめました。 …続きを読む
    KAZOO
    2024年03月01日
    82人がナイス!しています
  • 夏希の高校時代からはじまる。祖母の死をきっかけに仲が良かった従姉妹と仲違いをする。仲直りをしようと思った矢先に従姉妹は事故で死んでしまう。そして現在。古巣に戻ったと思ったらいきなり箱根の芦ノ湖畔で立て 夏希の高校時代からはじまる。祖母の死をきっかけに仲が良かった従姉妹と仲違いをする。仲直りをしようと思った矢先に従姉妹は事故で死んでしまう。そして現在。古巣に戻ったと思ったらいきなり箱根の芦ノ湖畔で立てこもり事件発生。しかも人質の一人は夏希の母。母と代わって人質になった夏希は犯人を説得し投降させる。残り紙数が多いのにここで解決? と思っていたら逮捕された犯人がその場で射殺される。そこから函館に行ったら、一気呵成に結末までなだれ込む。しかも従姉妹の事故の真相までつながりやがって…。う~む …続きを読む
    ともパパ
    2024年02月22日
    22人がナイス!しています
  • 小学校から高校時代の回想から始まり、いつもとは趣が違い少々戸惑いながら読み始めたが、そういう伏線だったのか。 お帰り、という感じで、しかも刑事部長が織田さん。 復帰後すぐの事件に母親がからみ、しかし意外 小学校から高校時代の回想から始まり、いつもとは趣が違い少々戸惑いながら読み始めたが、そういう伏線だったのか。 お帰り、という感じで、しかも刑事部長が織田さん。 復帰後すぐの事件に母親がからみ、しかし意外なくらい早めの解決。と思ったら犯人が射殺されるという事件が。 いつも以上にめまぐるしい展開。 さらには、今回は故郷函館での捜査も。いつも以上に楽しめた。 …続きを読む
    座敷童
    2024年02月24日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品