角川文庫

脳科学捜査官 真田夏希 イミテーション・ホワイト

夜空に打ち上がる花火は、連続殺人の幕開け。書き下ろし長篇警察小説。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041077801
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

脳科学捜査官 真田夏希 イミテーション・ホワイト

夜空に打ち上がる花火は、連続殺人の幕開け。書き下ろし長篇警察小説。

  • 著者 鳴神 響一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041077801

夜空に打ち上がる花火は、連続殺人の幕開け。書き下ろし長篇警察小説。

神奈川県警初の心理職特別捜査官・真田夏希が招集された事件は、異様なものだった。会社員が殺害された後に、花火が打ち上げられたのだ。これは犯行声明なのか。夏希はSNSで被疑者と接触を試みるが──。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「脳科学捜査官 真田夏希 イミテーション・ホワイト」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ネット社会になれば、こうした話は増えていくのでしょうね。匿名だからって何を言ってもいいわけじゃないのになぁ。ところで、今回もアリシアに助けられた夏希だけど、回りにいっぱい、いい感じの男が居りますね。ま ネット社会になれば、こうした話は増えていくのでしょうね。匿名だからって何を言ってもいいわけじゃないのになぁ。ところで、今回もアリシアに助けられた夏希だけど、回りにいっぱい、いい感じの男が居りますね。まぁ、私だったら断然小川さんだな。 …続きを読む
    たち
    2019年04月01日
    40人がナイス!しています
  • シリーズ3作目。遺体と時限発火装置によって打ち上げられる花火。なぜ2セットなのか?今回も真田真希が犯人とSNS上で対話して犯人を追っていく。3作読んだけど警察犬と組むというよりは、犯人と対話して真相に シリーズ3作目。遺体と時限発火装置によって打ち上げられる花火。なぜ2セットなのか?今回も真田真希が犯人とSNS上で対話して犯人を追っていく。3作読んだけど警察犬と組むというよりは、犯人と対話して真相に迫っていくというのがこのシリーズかな。中々手がかり見つからないと真希ちゃんと一緒に落ち込んでしまいます(笑)次巻であの方との関係がどうなるのか楽しみです! …続きを読む
    チロ子
    2019年02月20日
    29人がナイス!しています
  • 2019年初読了本。シリーズ3作目。花火は連続殺人事件の幕開け。あ~こういうのってホントに嫌だわ。ネットで他人に攻撃する人ってこういう人たちが多いんだってどこかで読んだことある気がする。織田さんのカッ 2019年初読了本。シリーズ3作目。花火は連続殺人事件の幕開け。あ~こういうのってホントに嫌だわ。ネットで他人に攻撃する人ってこういう人たちが多いんだってどこかで読んだことある気がする。織田さんのカッタ固な頭にはイラ!っとさせられたけど、あんなにしょんぼりされるとしゃーないから許すか…ってなる。菜月ちゃん可愛かったからまた出て来てくれないかなぁ。Wナツキ。 …続きを読む
    ゆう
    2019年01月01日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品