脳科学捜査官 真田夏希 イミテーション・ホワイト

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041077801

脳科学捜査官 真田夏希 イミテーション・ホワイト

  • 著者 鳴神 響一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041077801

夜空に打ち上がる花火は、連続殺人の幕開け。書き下ろし長篇警察小説。

神奈川県警初の心理職特別捜査官・真田夏希が招集された事件は、異様なものだった。会社員が殺害された後に、花火が打ち上げられたのだ。これは犯行声明なのか。夏希はSNSで被疑者と接触を試みるが──。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「脳科学捜査官 真田夏希 イミテーション・ホワイト」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • このシリーズ3冊目です。同じような傾向なのですが軽いノリで楽しませてくれるので読んでしまいます。それと心理学的な要素とドーベルマンの警察犬が出てくるので。若干警察庁の織田理事官を登場させるのは無理があ このシリーズ3冊目です。同じような傾向なのですが軽いノリで楽しませてくれるので読んでしまいます。それと心理学的な要素とドーベルマンの警察犬が出てくるので。若干警察庁の織田理事官を登場させるのは無理があるような気がします。ただ最近のネットをめぐる状況などでの問題点を浮き彫りにしてくれるので今後も期待できるのではという気がしました。 …続きを読む
    KAZOO
    2019年05月31日
    117人がナイス!しています
  • 脳科学捜査官シリーズ3。今回はテロかと疑われるが、夏希はSNSの対話から個人的な怨恨だと主張する。夏希のたまたま知り合った女子高生からの情報で一気に解決する。ちょっと都合よすぎだし、アリシアの出番が少 脳科学捜査官シリーズ3。今回はテロかと疑われるが、夏希はSNSの対話から個人的な怨恨だと主張する。夏希のたまたま知り合った女子高生からの情報で一気に解決する。ちょっと都合よすぎだし、アリシアの出番が少なかったので不満。織田に小川に続いて加藤もか?夏希、実はモテ期?やっぱりもっとアリシアに活躍してほしい。 …続きを読む
    papako
    2020年02月09日
    65人がナイス!しています
  • シリーズ3作目。今回は本牧と鎌倉での事件に「かもめ★百合」として挑む。少し新鮮味が失われてきたような気もしたが,それでもかわいい警察犬登場と心理学の蘊蓄を学べる点では期待度は変わらず。全巻読むつもり。 シリーズ3作目。今回は本牧と鎌倉での事件に「かもめ★百合」として挑む。少し新鮮味が失われてきたような気もしたが,それでもかわいい警察犬登場と心理学の蘊蓄を学べる点では期待度は変わらず。全巻読むつもり。 …続きを読む
    yukision
    2021年11月19日
    64人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品